世界観警察

架空の世界を護るために

レビュー

新国立劇場「エウゲニ・オネーギン」四日目2019/10/9 - レビュー

こんばんは、茅野です! 昨日は「第16回チャイコフスキー国際コンクール 優勝者ガラ・コンサート」にお邪魔していました。チェロ弾きの親がサンティアゴ・カニョン=ヴァレンシア氏のファンで……。勿論、わたしも楽しませて貰ったんですが、わたしは寧ろこれ…

新国立劇場「エウゲニ・オネーギン」三日目2019/10/6 - レビュー

こんばんは、茅野です。 マルチェッロ・ジョルダーニ氏の訃報にくるしめられています。この間のパレルモ・マッシモ来日の「トスカ」が神回すぎたので……そうおもいませんか……。お陰様で一時期トスカ沼に堕とされて原作翻訳して遊んでたくらいなんですけど……。…

新国立劇場「エウゲニ・オネーギン」二日目2019/10/3 - レビュー

こんばんは、茅野です。 無限にオネーギン聴いてます。予習で聴いて本公演聴いて復習に聴いてるので無限に聴いてます。そういう訳で二日目公演お邪魔してきました~。 今日は音楽評論家の平岡拓也先生とご一緒してました。先生のレビューはここから連ツイに…

新国立劇場「エウゲニ・オネーギン」初日2019/10/1 - レビュー

こんばんは! 茅野です。 待望の新国オネーギンですよ!! いや今日は朝からもうそわっっそわですよね。出演者より緊張してました(誰)。 丁度1年前くらいに「新シーズン初っぱなはオネーギンです」って発表があって、「え、嘘じゃん(推し作品に対するマイ…

OMF「エフゲニー・オネーギン」二日目 2019/8/22 - レビュー

こんばんは、茅野です。 もう東京の自宅にいます。お陰様でなんだか現実感ないです。今までのことは全部夢だったんじゃないかと……。いや、全然有り得るな……(?)。 夢だった説がわたしの中で強くなってきたので、忘れないうちに今回もガッッッツリ感想書きま…

OMF「エフゲニー・オネーギン」初日 2019/8/20 - レビュー

こんばんは! 茅野です。セイジ・オザワ松本フェスティバル2019のオペラ「エフゲニー・オネーギン」、本公演初日行ってきましたよ!! 出演者でもないのに凄く緊張しました!(?)。 今回はトラブルにも見舞われ、ヒヤヒヤしましたが、無事終演できてほんとう…

OMF「エフゲニー・オネーギン」GP 2019/8/18 - レビュー

こんばんは、茅野です。 実は今日誕生日だったりします。21になりました。精神年齢は変わらず5歳です。 しかし今年はとんでもない誕生日プレゼントがあるわけですよ。「エフゲニー・オネーギン」っていうんですけど。人生初の公演の為の遠征です。昨日から四…

ウィーン国立歌劇場(2013)の「オネーギン」について - CDレビュー

こんばんは、茅野です。本日は新国立劇場オペラ19/20シーズンの「エウゲニ・オネーギン」一般発売日ですよ! 皆さま準備は宜しいですか? はじまるのは戦争ですよ、瞬発力と課金力が試されております。これはチャンスなのです。ここで集客できれば、当演目が今…

ドラマ版「悪霊」 - レビュー

こんばんは、茅野です。 めっちゃ今更なんですが、ドラマ版の「悪霊」を買いました。 ↑ポスターがまずカッコいい。 YouTubeにあるのでそちらで結構前に観たんですが、「1. 手元に置いておきたい」「2.楽しんだからにはちゃんとお金を払いたい」「3. 日本語字…

映画「マチルダ 禁断の恋」 - レビューと時代考証

どうも、朕です。(史上最高に頭の悪い導入) 改めまして、茅野です! 九月頃、国際政治TRPGみたいなのをやったんですけど、そのとき1914年WWI開戦時のロシア帝国評議会(ドゥーマ)の議場にて、皇帝ニコライ二世役を務めさせて頂いていました。わたしがニコ…

ROH Blu-ray(2009) 「Mayerling」レビュー

こんにちは、茅野です。最近、バレエ「Mayerling(邦題:うたかたの恋)」にハマっています。とは言え、実は全幕を通してみたのは一昨日が初めてです。観る前からハマるって我ながらなんなんだ。いや、確実にハマるなとおもったので、早々にBlu-rayを注文した…

シュトゥットガルト・バレエ団芸術監督講演と「白鳥の湖」2018/11/11

こんばんは、茅野です。 先日、「シュトゥットガルト・バレエ団2018公演についての記事はこれにてお終いです」と書いたばっかりなんですが、早速アクロバティックに禁反言を決めてしまいました。 11月11日朝にドキュメンタリー映画「シュトゥットガルト・バ…

シュトゥットガルト・バレエ「オネーギン」パンフレットについて

こんばんは、茅野です。 夢のオネーギンから一週間が経ちましたね。時の流れの速さにびっくりしています。 今回は、シュトゥットガルト・バレエ「オネーギン」で販売されていたパンフレットについて述べようと思います。これが非常にクオリティが高くて! そ…

シュトゥットガルト・バレエ「オネーギン」2018/11/4

こんばんは、茅野です。夢の三日間がとうとう終わってしまいました。現実世界に戻りたくないです。 今回は最終日のオネーギンの感想を述べたいとおもいます。初日、2日目についての感想はこちらからどうぞ。 sylphes.hatenablog.com sylphes.hatenablog.com …

シュトゥットガルト・バレエ「オネーギン」2018/11/3

こんばんは、茅野です。連日生でオネーギンが見れるってどういう状況ですか。すんごい。それしか言えません。すんごい。 しかし人間とは不思議なもので、明日が最終日だと思うと「うそだ~!もっともっと!」とか思っちゃうんですよね。欲張りだ……。世界一終…

シュトゥットガルト・バレエ「オネーギン」2018/11/2

おはようございます、茅野です。夜が白んで参りました。ブログ記事書いてるとすぐこうなるんですよね。困っちゃう。 さて、いよいよ始まりました、本家本元シュトゥットガルト・バレエ団のオネーギン! 早速行って参りましたよ! ↑パネルがお洒落 三日間、魂…

METライブビューイング「オネーギン」について

こんばんは、茅野です。 先日、後輩と共にMETライブビューイングの「エフゲニー・オネーギン」を鑑賞して参りました。 この2007年のプロダクションは、当然、丸っきり同じ物をBlu-rayで持っていて、何度も見ているのですが、やはり大画面で見たいじゃないで…

東京大学歌劇団さんの「オネーギン」について

おはようございます、オネーギン限界オタクの茅野です。今頃はパリ・オペラ座でオネーギンをやってるわけですよ。当たり前のように広告動画とかひとさまのレビューをガン見してるんですけど、パリオペーギン(勝手に命名)は隠遁主義のロシアのバイロンでは…

オルロフスキー公を考える - オペレッタ「こうもり」

おはようございます、勉学をサボることは学生の本分だと確信している者です。 一丁前に学生をやっているのでテスト期間なんですよね。もうそんなん知らんって感じで当記事を書いてますが! しかしながら今回はフランス語学科、大 活 躍 だったので許されると…

The Taming ofthe Shrew Suite (ballet) -じゃじゃ馬馴らし楽曲解説

おはようございます。締め切り間近の課題を見て見ぬふりしている者です。 記事書いていたら朝になっちゃいましたよ。この時間に課題するはずだったんですけどね。おかしいな。 さて、先日はBolshoi cinemaさんの「じゃじゃ馬馴らし」を観劇して参りましたの…

バレエ・シャンブルウェストさんの「タチヤーナ」について

ご無沙汰しております。茅野です。 夏は忙しかった! 八月はサークル活動一色でありまして、朝から晩まで国際情勢研究にどっぷり浸かっておりました。九月は、ロシアへの旅に出かけ、我らが帝政ロシアの世界を肌で感じて参りました。 さて、今回は、先日バレ…

Ol' Shoshone - Firewatchレビュー

こんにちは、お散歩ゲー大好き茅野です。 個人的に、バリバリ戦うゲームよりこうひたすら散策するの好きなんですよね。ダークソウルとか色々例外はありますが……。 ちなみに一番好きなテレビ番組は10年くらい前からずっと「世界ふれあい街歩き」です。宜しく…

Bitter Sweet - Submergedレビュー

こんばんは、幸福な消失のダイアログ書き疲れた茅野です! あれすこぶる面倒です。苦しいです。評価してください。 やはり私は単純作業よりも頭脳労働の方が向いているらしいですや。最後までやり遂げますが! そんなこんなで息抜きにサッと触れてみました、…

終末 - Everybody's Gone to the Raptureレビュー

こんばんは、意外と涙腺の脆い茅野です。 The Chinese Roomの新作(というには古いけど……):Everybody's Gone to the Rapture-幸福な消失-を漸く一周クリア致しましたので、思うことを書いていこうと思います。 前作と比べて 私は同チームの処女作:Dear Esth…

終わりではない終わり - Unravelレビュー

こんにちは、センター試験受けてきました茅野です。まだまだ学生です。 さて、Unravel、クリア致しましたので、思ったことをつらつらと書いていきたいと思います。 発売当初、この↑画像を見て、危うくパッケージ買いしそうになった作品です。 「いや流石にゲ…

遠く離れていても

おはようございます、たった今人喰いの大鷲トリコを完走致しました茅野です。 結構細々やってたんだけど、最後は一気でしたね。時計を見ろ。 そういうわけで、初見時の感想を軽いノリで書いていきたいと思います。当ブログでは基本的に考察を書いております…