世界観警察

架空の世界を護るために

音楽

Austin Wintory's Commentary 翻訳 - 『The Pathless』資料

こんばんは、茅野です。 書きたい記事が沢山あって、嬉しい悲鳴な今日この頃。今回は、トゥヴァ語やモンゴル語など、キリル文字を沢山タイプする機会があり、初学者ながらロシア語を勉強している身なので、ブラインドタッチできるまでにキリル文字入力技術を…

コンスタンティン・グリャコ『葬送行進曲』の音源を作成する - 音楽雑記

こんばんは、茅野です。 数時間前(!)、弊ブログ初の音源作成記事を投稿しました。 本日はわたくしの趣味の研究の対象推し、ロシア帝国皇太子ニコライ・アレクサンドロヴィチ殿下のお誕生日(ユリウス暦)ということで、彼の死に捧げられた曲のご紹介をし…

ジョブ・グウェント『序曲』の音源を作成する - 音楽雑記

こんばんは、茅野です。 突然ですが、今日(投稿日の9月8日)は何の日でしょう! 出題しておいてなんですが、わたくしが想定している答えを出せる方はいらっしゃらないとおもうので早々にネタバレ致しますと、筆者が趣味で研究している推しロシア帝国の皇太…

使用された民族楽器を解説する - 『The Pathless』音楽

こんばんは、茅野です。 『ABZÛ』の考察シリーズを終え、『Sky』も一通りクリアし、次はどのゲームに着手しようかと考えていたのですが、我らが Giant Squid さんの新作がノーマークだ! というわけで、今回は『The Pathless』の記事になります。 実は、未だ…

Austin Wintory's Commentary 翻訳 - 『ABZÛ』資料

こんばんは、茅野です。 まだまだ続くぞ、『ABZU』記事!! ……というわけで今回は音楽の話です。 『ABZU』は音楽も非常に名曲揃いであることで知られておりますが、考察勢と致しましても、曲からは沢山のヒントが得られると考えており、特に考察記事の第三弾…

ヨアヒム・ラフ『弦楽四重奏第1番』の話 - 音楽雑記

こんにちは、茅野です。 弊学は漸く夏休みに突入しました。コロナのせいで大幅にズレたんですよね。もう八月も終わりますよ……秋学期の開始次期は変わらないのに……。 先月中頃から、読書もせず記事も書かずでした。第一に、ちょっとしたトラブルがあり、そこ…

Mayerling Suite (Ballet) - Mayerling楽曲解説

こんばんは、茅野です。 先日(公開初日の12/7)、同期とROHライブビューイングの『Mayerling(うたかたの恋)』を観て参りました! いや、ずっと楽しみにしていたのでもう楽しくて嬉しくて、という感じでした……。 11日にもう一度観に行く予定なので、それま…

The Taming ofthe Shrew Suite (ballet) -『じゃじゃ馬馴らし』楽曲解説

おはようございます。締め切り間近の課題を見て見ぬふりしている者です。 記事書いていたら朝になっちゃいましたよ。この時間に課題するはずだったんですけどね。おかしいな。 さて、先日は Bolshoi cinema さんの『じゃじゃ馬馴らし』を観劇して参りました…

Eugene Onegin Suite (Ballet) - オネーギン楽曲解説

こんにちは、茅野です。 本日はバレエ: クランコ版『オネーギン』の楽曲の解説をしていこうかと思います。 クランコ版オネーギンの楽曲は、全てチャイコフスキーの既存の曲のアレンジになっています。所謂「ポプリ形式」という編曲ですね。 バレエ版の音楽に…