世界観警察

架空の世界を護るために

オペラ

METライブビューイング『ドン・カルロス』 - レビュー

こんばんは、茅野です。 最近バレエばかり観ているような気がしているので、オペラも色々鑑賞したいところ。 そんなわけで、先日、メトロポリタン歌劇場ライブビューイングの、フランス語・五幕版『ドン・カルロ(ス)』を鑑賞して参りました! ↑ 今シーズン…

小澤征爾音楽塾『こうもり』 - レビュー

こんばんは、茅野です。 今週は観劇三昧ということで、小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトの『こうもり』にお邪魔してきました! なんと、今週四回目の東京文化会館……。 ↑ 三日間通ったもの。初日のレビュー記事です。 折角なので、今回は、こちらの公演に…

オネーギン、ウクライナへ行く - 文学・オペラ雑記

こんにちは、茅野です。 ウクライナ情勢のニュースを戦々恐々としながら見守りつつ、週末のシュトゥットガルト・バレエ団の来日公演を心待ちにする日々です。 ロシア国営のテレビチャンネルが日本からも BAN されたり、ロシアの劇場のアカウントを SNS から…

METライブビューイング『エウリディーチェ』 - レビュー

こんばんは、茅野です。 まだまだ寒い日が続きますね。いつ暖かくなるのか。COVID-19 は当然ながら、風邪にもお気を付け下さい。 さて、前々から気になっていた、メトロポリタン歌劇場ライブビューイングの、マシュー・オーコイン作曲『エウリディーチェ』を…

道化の帽子を考える - 舞台芸術考察雑記

こんばんは、茅野です。 もう二月も半ばを過ぎたということに衝撃を隠しきれません。どうでもいいですが、わたくしが『エヴゲーニー・オネーギン』との運命的な出逢いを果たしたのは丁度この頃のことでした。感慨深いです。 先日、東京バレエ団さんの『白鳥…

アドマイヤベガ育成のオペラトークその他を解析する - 『ウマ娘』考察

こんばんは、茅野です。 『Pokémon LEGENDS アルセウス』が発売され、次は『ELDEN RING』……と、大手ゲーム会社が新作を次々とリリースする正に豊作とも言うべき2022年。コントローラが手から離れません。 そしてその「豊作」っぷりはソーシャルゲームに於い…

新春オペラオーのオペラトークを解析する - 『ウマ娘』考察

明けましておめでとうございます! 茅野です。 2022年初記事、所謂「書き初め」でございます。 しかし、我々は年越し年明けなどと言っている場合ではなかった! 待て待て待て待て。聞いてないぞ。 通常オペラオー君のオペラトークに感服して以来(というか正…

意志を持つエウリュディケ - 現代のオルフェウス神話

こんにちは、茅野です。 わたくしが Nintendo Switch を購入したということを知った友人らがオススメソフトをそれぞれ贈ってくれるのですが(ありがとうございます)、先日はクリスマスプレゼントにと『あつまれ どうぶつの森』を頂きました。もういよいよゲ…

真っ赤なベレー帽の婦人と話しているのは誰? - 『オネーギン』考証

こんにちは、茅野です。 ひょんなことから19世紀のスペインに関心を持ち、最近は憲法を翻訳したり色々調べたりしています。チック・コリア御大の『スペイン』や、リムスキー=コルサコフの『スペイン奇想曲』、沖仁先生のフラメンコギターなどを垂れ流しなが…

チャイコフスキー『ロミオとジュリエット』二重唱の話 - 音楽解説

おはようございます、茅野です。 『オネーギン』供給過多期で毎日大絶賛寝不足です。Ах, ночь минула...О, ночь блаженства... 今回は、『オネーギン』からはほんの少しだけ離れて、別のチャイコフスキーの楽曲の解説を書いてみようと思います。わたくしは音…

グレーミン公爵を探せ! - キーゼヴェッター『タンゴ・パセティック』

こんにちは、茅野です。 最近は『オネーギン』の供給が過剰で、正に嬉しい悲鳴です。アドレナリンが出過ぎて寝不足が酷い! しかしわたしが確認している限りでは、東京で次に『オネーギン』が上演されるのは来年3月です。待てない!! というわけで、今回も…

新宿フィルハーモニー管弦楽団『エフゲニー・オネーギン』 - レビュー

こんばんは、茅野です。 先日の World Ballet Day でシュトゥットガルト・バレエさんが『オネーギン』のリハーサルを公開していたのですが、リハーサルということもあり、ピアノ伴奏で行っておりました。このピアノ版、オタクとしては是非とも楽譜を拝見した…

はてなブログ10周年特別お題「私が ≪オネーギン≫ にハマる10の理由」

こんばんは、茅野です。 先日の World Ballet Day (WBD) で、シュトゥットガルト・バレエさんの『オネーギン』を堪能し、やはりこの作品が至高だな……と改めて感じました。 ↑ レビュー記事。相変わらず無駄に細かい。 さて、わたくしがこの「世界観警察」なる…

アグネスデジタルの哲学トークその他を解析する - 『ウマ娘』考察

こんばんは、茅野です。 もう9月も後半戦という時の流れの速さに戦いております。 さて、今回は久々に『ウマ娘』から。前回の『ウマ娘』の記事は大変に好評を頂き、誠にありがとうございます。 ↑ アプリ『ウマ娘 プリティーダービー』に登場するテイエムオペ…

オペラ映画版(1988)『Eugene Onegin』 - レビュー

こんばんは、茅野です。 梅雨入りしましたね。引きこもってやることと言えば……それは勿論『オネーギン』を観る、これに尽きますよ。そうですよね? というわけで、今更ですが手元にある『オネーギン』を片っ端から観直してみようとおもいます。今回はこちら…

テイエムオペラオーのオペラトークを解析する - 『ウマ娘』考察

おはようございます、茅野です。 先に言っておきますが、この記事書くの大変でした。2徹しました(迫真)。 早速本題に入ってしまうのですが、最近アプリ『ウマ娘』遊んでます。プレイ歴2週間です。やる切っ掛けになった話や、考察雑記第一弾はこちらからど…

『金鶏』と『夜鳴き鶯』 - ロシアオペラ雑記

こんばんは、茅野です。 先日は新国立劇場のダブルビル公演『夜鳴きうぐいす / イオランタ』にお邪魔していました。いや、ロシアオペラ取り上げて頂いて嬉しいですね。充分嬉しいのですが、来期ラインナップに1つもないのが寂しい欲張りだったりもします。何…

オペラ『不滅の時間』第1幕 第2場 - 歌詞翻訳

こんばんは、茅野です。 今回はラトランド・ボートンのオペラ『不滅の時間』の歌詞翻訳の続きです。 初回、第1幕 第1場はここから↓ sylphes.hatenablog.com 1幕 2場は短めです。それではお付き合いお願いします。 第2場 ―――農夫マヌスと彼の妻マイヴの小屋。…

オペラ『不滅の時間』第1幕 第1場 - 歌詞翻訳

こんにちは、茅野です。 今回はラトランド・ボートンのオペラ『不滅の時間』の歌詞を訳して遊びます。原作含め、邦訳がないみたいなので、主に自分用。 辞書にもなかなか出てこないような古英語や崩した文法に結構苦戦。一晩クオリティなので多分かなりガバ…

英語版オペラ『オネーギン』歌詞 - 第3幕 第2場

こんにちは、茅野です。 前回に引き続き、英語歌唱版オペラ『エヴゲーニー・オネーギン』の歌詞打ち出してきます。 第1幕第1場はこちらから↓ それでは早速ですが宜しくお願いします。 No. 22 Final Scene Tatiana Why, why did he return and write this let…

英語版オペラ『オネーギン』歌詞 - 第3幕 第1場

こんにちは、茅野です。 前回に引き続き、英語歌唱版オペラ『エヴゲーニー・オネーギン』の歌詞打ち出してきます。 第1幕第1場はこちらから↓ それでは早速ですが宜しくお願いします。 No. 19 Polonaise No. 20 Scene and Aria Onegin Here, too, I'm bored! …

英語版オペラ『オネーギン』歌詞 - 第2幕 第2場

こんにちは、茅野です。 前回に引き続き、英語歌唱版オペラ『エヴゲーニー・オネーギン』の歌詞打ち出してきます。 第1幕第1場はこちらから↓ それでは早速ですが宜しくお願いします。 No. 17 Introduction, Scene and Aria Zaretsky What's happend? Where c…

英語版オペラ『オネーギン』歌詞 - 第2幕 第1場

こんにちは、茅野です。 前回に引き続き、英語歌唱版オペラ『エヴゲーニー・オネーギン』の歌詞打ち出してきます。 第1幕第1場はこちらから↓ それでは早速ですが宜しくお願いします。 No. 13 Entrance, Waltz and Chorus Guests This is superb! We never ha…

英語版オペラ『オネーギン』歌詞 - 第1幕 第3場

こんにちは、茅野です。 前回に引き続き、英語歌唱版オペラ『エヴゲーニー・オネーギン』の歌詞打ち出してきます。 第1場はこちらから↓ それでは早速ですが宜しくお願いします。 No. 11 Chorus of Girls Girls Dear companions, come this way, join us in t…

英語版オペラ『オネーギン』歌詞 - 第1幕 第2場

こんにちは、茅野です。 前回に引き続き、英語歌唱版オペラ『エヴゲーニー・オネーギン』の歌詞打ち出してきます。 第1場はこちらから↓ それでは早速ですが宜しくお願いします。 No. 8 Introduction and Scene Filippievna There! No more talk tonight. It'…

英語版オペラ『オネーギン』歌詞 - 第1幕 第1場

こんにちは、茅野です。 今回は、ほぼ自分用に、英語歌唱版のオペラ『エヴゲーニー・オネーギン』の歌詞を打ち出していこうとおもいます。 リブレットから手動で打ち出しているので、多分タイピングミスが結構あるとおもいます。すみません。何か見つけたら…

【随時更新】オネーギン上演史・公演情報 - オペラ・バレエ

こんばんは、茅野です。 外出自粛とのことで素直に家に引きこもっております。かなり埋まっていた四月の予定がほぼ白紙になりました。何処へ、何処へ去ったのか、わたしの予定。 しかしそれよりももっと悲しいのは、オネーギン公演が中止されまくっているこ…

Echo lointain, écho de ma jeunesse - フランス語版レンスキーのアリア

おはようございます、茅野です。 パリ・オペラ座バレエ団来日公演の熱が冷め切っておりませんが、今回はオペラの話です。 外国語歌唱版エヴゲーニー・オネーギン 今回はロシア語以外で歌われるオペラ『エヴゲーニー・オネーギン』についてです。 あまり知ら…

何故グレーミンとエレツキーのアリアを混同するのか - ロシア・オペラ雑記

こんばんは、茅野です。 マリインカ来日公演行ってきましたよ!(今更) 『スペードの女王』と『マゼッパ』を観ました。いや~~、流石の一言に尽きますね。 『スペードの女王』の方は、ペテルブルクに遊びに行ったときに正にこのステパニュク演出を観ていて…

新国立劇場『エウゲニ・オネーギン』四日目2019/10/9 - レビュー

こんばんは、茅野です! 昨日は「第16回チャイコフスキー国際コンクール 優勝者ガラ・コンサート」にお邪魔していました。チェロ弾きの親がサンティアゴ・カニョン=ヴァレンシア氏のファンで……。勿論、わたしも楽しませて貰ったんですが、わたしは寧ろこれ…