世界観警察

架空の世界を護るために

演劇・ミュージカル

NTLive『ヘンリー五世』- レビュー

こんばんは、茅野です。 「ゴルビー」こと、ミハイル・ゴルバチョフ元書記長/大統領に続き、エリザベス女王陛下の崩御の報が。なにか、一つの世代の終わりを感じさせる夏です。 それもあり、今回は英国史に関する英国の劇をば。最近 National Theater Live …

『The Card Player』の楽譜を作成する - 『Lehman Trilogy』

おはようございます、茅野です。 今回は動画投稿のお知らせです。 先日、演劇『リーマン・トリロジー』を拝見し、俗に言う「沼堕ち」状態と化しまして。 ↑ 二回観ました。マジで円盤出てくれ……。 原作を買ったり、資料を集めたりと、オタ活に勤しんでおりま…

NTLive『プライマ・フェイシィ』 - レビュー

おはようございます、茅野です。 引き続きレビュー執筆マラソンです。筆が進みますね。 さて、先日、National Theater Live さんの『プライマ・フェイシィ』を鑑賞して参りました! その前に上演していた『リーマン・トリロジー』にドハマリしてしまったので…

NTLive『リーマン・トリロジー』 - レビュー

こんにちは、茅野です。 書き損じレビュー執筆マラソン中です。引き続きお付き合いを宜しくお願い致します。 先日、とんでもない演劇を拝見致しました。National Theater Live の『リーマン・トリロジー』です。 余りの「良さ」に、二回観ました……。上演期間…

戯曲『プリンセス・ダグマール』 - レビュー

こんばんは、茅野です。 電子辞書を酷使しすぎて、週に一度くらいの頻度で電池を取り替えている気がします。恐ろしい速さで消費されていく単三電池。そのせいで、最近、辞書も充電式の方がいいのでは? なんて考えています。 さて、今回は珍しく書評です。 …

道化の帽子を考える - 舞台芸術考察雑記

こんばんは、茅野です。 もう二月も半ばを過ぎたということに衝撃を隠しきれません。どうでもいいですが、わたくしが『エヴゲーニー・オネーギン』との運命的な出逢いを果たしたのは丁度この頃のことでした。感慨深いです。 先日、東京バレエ団さんの『白鳥…

舞台版『罪と罰』(2019) - レビュー

こんばんは、実は中学・高校6年間演劇部所属で、現在近世・近代フランス戯曲(演劇の台本)を専攻している茅野です。 どうでもいいですが、演劇部時代は何故か殺人犯の役ばっかり演じていました。サイコパスの役が似合うらしいです、勘弁してください。一番…