世界観警察

架空の世界を護るために

バレエ

シュトゥットガルト・バレエ団芸術監督講演と『白鳥の湖』2018/11/11

こんばんは、茅野です。 先日、「シュトゥットガルト・バレエ団2018公演についての記事はこれにてお終いです」と書いたばっかりなんですが、早速アクロバティックに禁反言を決めてしまいました。 11月11日朝にドキュメンタリー映画『シュトゥットガルト・バ…

シュトゥットガルト・バレエ『オネーギン』パンフレットについて

こんばんは、茅野です。 夢のオネーギンから一週間が経ちましたね。時の流れの速さにびっくりしています。 今回は、シュトゥットガルト・バレエ『オネーギン』で販売されていたパンフレットについて述べようと思います。これが非常にクオリティが高くて! そ…

シュトゥットガルト・バレエ『オネーギン』2018/11/4

こんばんは、茅野です。夢の三日間がとうとう終わってしまいました。現実世界に戻りたくないです。 今回は最終日のオネーギンの感想を述べたいとおもいます。初日、2日目についての感想はこちらからどうぞ。 ↑ こうやって並べると美しすぎますね。 キャスト …

シュトゥットガルト・バレエ『オネーギン』2018/11/3

こんばんは、茅野です。連日生でオネーギンが見れるってどういう状況ですか。すんごい。それしか言えません。すんごい。 しかし人間とは不思議なもので、明日が最終日だと思うと「うそだ~!もっともっと!」とか思っちゃうんですよね。欲張りだ……。世界一終…

シュトゥットガルト・バレエ『オネーギン』2018/11/2

おはようございます、茅野です。夜が白んで参りました。ブログ記事書いてるとすぐこうなるんですよね。困っちゃう。 さて、いよいよ始まりました、本家本元シュトゥットガルト・バレエ団のオネーギン! 早速行って参りましたよ! ↑パネルがお洒落 三日間、魂…

時代考証的側面から観るボリショイ・バレエ『オネーギン』

こんにちは、茅野です。 いよいよシュトゥットガルト・バレエ団の『オネーギン』が迫ってきましたね! ワクワクとそわそわが止まりません! さて、今回は別の劇場ですが、気になったことがあったので少しだけ書きたいと思います。実は長らく下書きに入れてい…

バレエ大学の「オネーギン」講義について

お久しぶりです、茅野です。 所属組織にて当方が責任者を務める事業が現在進行中で、非常にバタついております。そんな中で心機一転Twitterアカウントを作り直してみたりだとか息抜きに趣味に走り逆にのめり込んだりだとかしてます。よくないですね。 twitte…

オネーギンをイヤなヤツと断定する前に

お久しぶりです、茅野です。 実に執筆四ヶ月ぶりですよ。このブログも存在を忘れられたのではないかと。いや、忙しかったんですよ! 組織で責任ある立場になってしまって、社畜しています。深夜の三時までミーティングとかザラにあります。そんなこんなで書…

The Taming ofthe Shrew Suite (ballet) -『じゃじゃ馬馴らし』楽曲解説

おはようございます。締め切り間近の課題を見て見ぬふりしている者です。 記事書いていたら朝になっちゃいましたよ。この時間に課題するはずだったんですけどね。おかしいな。 さて、先日は Bolshoi cinema さんの『じゃじゃ馬馴らし』を観劇して参りました…

バレエ・シャンブルウェストさんの「タチヤーナ」について

ご無沙汰しております。茅野です。 夏は忙しかった! 八月はサークル活動一色でありまして、朝から晩まで国際情勢研究にどっぷり浸かっておりました。九月は、ロシアへの旅に出かけ、我らが帝政ロシアの世界を肌で感じて参りました。 さて、今回は、先日バレ…

Eugene Onegin Suite (Ballet) - 『オネーギン』楽曲解説

こんにちは、茅野です。 本日はバレエ: クランコ版『オネーギン』の楽曲の解説をしていこうかと思います。 クランコ版オネーギンの楽曲は、全てチャイコフスキーの既存の曲のアレンジになっています。所謂「ポプリ形式」という編曲ですね。 バレエ版の音楽に…