世界観警察

架空の世界を護るために

ニコライ二世がオネーギンを演じた話 - Eugene Onegin雑記

 こんばんは、朕です(最高に頭の悪い導入)(弊ブログ二回目)。

改めまして、茅野です。宜しくお願いします。

ちなみに、頭の悪い導入一回目はこの記事でした。

どうも、朕です。(史上最高に頭の悪い導入)

改めまして、茅野です!

わたしは普段サークルで国際政治の模擬会議(TRPGを思い浮かべて貰うとわかりやすいかとおもいます)をやっているのですが、今年九月の会議では、1914年WWI開戦時のロシア帝国評議会(ドゥーマ)の議場にて、皇帝ニコライ二世役を務めさせて頂いていました。わたしがニコライ二世です(自己紹介)(演技だけです)

映画『マチルダ 禁断の恋』 - レビューと時代考証 - 世界観警察

ニコライ二世役、すっごく楽しかったんですけど、どうせロシア皇帝をやるなら別の皇帝がよかったな~とワガママを言いたいですね。プーシキン作品を検閲という名目で誰よりも早く読めた ニコライ一世、歴史的大改革を進めたアレクサンドル二世、チャイコフスキーを愛したアレクサンドル三世……。それに比べてニコライ二世の人生ってあまり…………、これ以上は辞めておきましょう、悲しくなるので。ちなみに、ラスプーチン役だった同期曰く、わたしの性格はニコライ二世とは余りにも乖離しており、一番似ているのはニコライ一世だそうです。「血の皇帝」を名乗っていきたい。

 

 さて、今回は、そのニコライ二世がオネーギン役を演じたときのエピソードをご紹介しようとおもいます。今回はゆるめの雑記です。肩の力を抜いてお楽しみ下さい。それでは、お付き合い宜しくお願いします。

 

 

プーシキンはお好き

 19世紀以降に生まれ育った帝政ロシア人というのは、ほぼ例外なくプーシキンが好きです(断言)。それは皇族も例外ではありません(検閲をして厳しく弾圧していたニコライ一世に関しては微妙ですが、才能自体は高く評価しています)。

 

 例えば、ニコライ二世の父にあたるアレクサンドル三世は、オペラの『オネーギン』が大好きで、ボリショイ劇場のレパートリーに同作品が入ったのは彼の後押しあってこそ、とも言われています。ちなみに、アレクサンドル三世はその頭脳を過小評価されることが多いのですが、実は芸術、特に文学が大好きで、日記にはプーシキンレールモントフの引用が沢山あります。

 

 ニコライ二世の叔父(アレクサンドル三世の兄)にあたるニコライ皇太子(ニコライ二世と父称含め同姓同名なのである)は、作家イワン・ゴンチャロフからプーシキンを教わっています。めちゃくちゃ羨ましい。尚、彼自身はプーシキンよりもどちらかというとレールモントフ派だったようですが、婚約していたデンマークのダグマー姫(後のマリア・フョードロヴナ)にはプーシキン作品を贈っています。ダグマー姫はその本をずっと部屋に置き、皇太子妃、皇后になってからもそれを何度も読み返したとか。

ちなみに、このニコライ皇太子殿下(通称ニクサ皇太子)はとっても興味深い人物なのですが、全然資料が出てこないのでヤケクソになって2年前調べまくってました。最近再燃してリサーチ再走してます。ご興味があればこちらから。↓

sylphes.hatenablog.com

 

 更に遡ってニコライ二世の祖父(前述のニクサ様、アレクサンドル三世の父)、アレクサンドル二世はと申しますと、詩人ワシーリー・ジュコーフスキーから教育を受けており、彼からプーシキンを学んでいます。サロンで初めてプーシキンを見かけたときは驚いたそう(プーシキンはけっこう剽軽なひとなので)。

 

 という流れを継いだニコライ二世ですが、勿論プーシキンを高く評価しています。彼の娘のタチヤーナ皇女の名は、『オネーギン』のヒロインから取っているほど。

詳しくはこちらから↓

sylphes.hatenablog.com

 尤も、ニコライ二世は『オネーギン』よりも『スペードの女王』が好きだったようで、かつての恋人マチルダ・クシェシンスカヤへのラブレターには、オペラ『スペード』のエレツキーのアリアを引用しています。マチルダとの恋愛については、冒頭で挙げた映画レビューで詳しく書いております。

 (非常にどうでもいいですが、わたしがニコライ二世を演じたときはまだこのことを知らなかったので、ヴィルヘルム二世に書簡を送る際に(所謂『ヴィリー・ニッキー・テレグラム』)、ふざけてタチヤーナの恋文の冒頭をもじって書きました。お陰様で若干BL風味になったので、この書簡は一部の層から絶大な人気を誇りました。)

f:id:sylphes:20200715051038p:plain

↑会議運営の広報がふざけて書いたレビュー。繊細な文章(プーシキンのパクリ)。

ちなみにエレツキーのアリアについても何故か一筆やっています……↓

sylphes.hatenablog.com

 ちなみに、チャイコフスキーとニコライ二世といえば、チャイコフスキー作品で一番好きな作品はバレエ『眠りの森の美女』、特にそのディベルティスマンだったようです。恋人がバレリーナだったわけなので、致し方ない。オペラ『オネーギン』も宜しくお願いします、陛下。

 

劇『オネーギン』

 さて、本題。(前置きが長い)。

19世紀末の宮廷ではアマチュア演劇が流行したようで、プーシキンシェイクスピアの劇が演じられていたようです。皇族らが自ら演じたようで、日記や手紙などからその様子を伺うことができます。

 話の発端はエリザヴェータ・フョードロヴナ大公妃(通称エラ)。ニコライ二世から見ると、義理の叔母(叔父セルゲイ・アレクサンドロヴィチの妻)且つ未來の妻(アリックス)の姉という中々複雑な続柄です。

配役はオネーギン役がニコライ二世(当時は未だ皇太子、通称ニキ)、タチヤーナ役がエラ大公妃です。

1890年2月13(25)日、エラ大公妃がタチヤーナ役を練習し始めたことをニキ皇太子が日記に認めています。2月(グレゴリオ暦だとほぼ3月)は練習に充てられたようです。

f:id:sylphes:20200715004056j:plain

 こちら、ニキ皇太子です。当時22歳なので、第一幕のオネーギンと推定同い年くらいですね。コンスタンティン・コンスタンティノヴィチ大公(アレクサンドル二世の弟の息子、ニコライ二世から見ると従兄弟叔父)曰く、身を包んでいるのは「19世紀はじめの衣装」で、確かに胸元の華美なリボンはそれらしい。

f:id:sylphes:20200715004107j:plain

こちらがエラ大公妃。美人で有名だっただけあって、とても美しいです。ニキ皇太子の義理の叔母ですが、たったの4歳差で26歳。

 

 2月24日、25日、27日(グレゴリオ暦3月7日、8日、10日)にドレスリハーサルが行われたようです。本番はその数日後でしょう。劇は大成功で評判がよく、何日か続けて上演されたようです。3月3日(15日)に公演終了。「ネフスキー大通りの宮殿」での上演とのことだったので、アニチコフ宮かと推測されます。

 

 演じられたのは二場だけだったようで、恐らくオペラで言う『オネーギンのアリア』の部分と、最後のデュエットの部分かとおもわれます。写真も残っています。

f:id:sylphes:20200715004136j:plain

↑Вы мне писали, не отпирайтесь!

f:id:sylphes:20200715004149j:plain

↑↓リディア・ティモシェンコの挿絵と完全に一致。

f:id:sylphes:20200715034537j:plain

 劇を見たコンスタンティン・コンスタンティノヴィチ大公曰く、「ニキ(ニコライ皇太子)は(『オネーギンのアリア』にあたる部分)をとても上手く演じた」とのことです。

 

 ちなみに、ニコライ二世自身は、恋愛面に於いては(資料を見る限りでは)比較的純粋・一途なタイプなので、オネーギンのキャラクター性とは大分外れるかな、という印象があります。尚、前述の同姓同名の"ニコライ皇太子"(通称ニクサ皇太子)様は、プライベートでは自身に告白してきた親戚の姫に、正に『オネーギンのアリア』を一発お見舞いしていますから、こちらの方が嵌まり役だったかもしれません、もしかしたら。

 

 このように、プーシキン及び『オネーギン』は、皇族の間でも愛された作品だということがよくわかるエピソードでした。しかも、第八章の発表から60年後のお話ですからね。偉大な作品です。この名声が末永く続きますように。新訳がまた出ますように。学術書や論文がもっと出ますように。オペラ・バレエの上演回数が増えますように。()

 

最後に

 お付き合いありがとうございました。3500字強。

何だか、図らずして他記事の紹介を大量に入れてしまいましたが、よく考えたら弊ブログ、50記事以上『オネーギン』関連記事を書いているらしいので、そりゃあ……まあ……というところでしたね。ちなみに全記事数は100強なので、弊ブログは半分『オネーギン』で出来ていることになります。怖い。

 わたしは、勿論、『オネーギン』がいちばん好きなのですが、帝政ロシアに関しては皇族関連や政治、法、文化など、様々な分野に興味があるので、このように分野横断的にと申しますか、色々絡めて考えて行けたらいいなとおもっております。今後とも宜しくお願い致します。

 それではお開きとさせて頂きます。また別記事でお目にかかれれば幸いです。