読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界観警察

架空の世界を護るために

Eugene Onegin Suite (Ballet) - オネーギン楽曲解説

Евге́ний Оне́гин 考察

 こんにちは、茅野です。

2/25、今日は何の日か? はい、実はですね、わたくし茅野のオネーギン沼2周年記念だったりします!クッソどうでもいい

ログを漁ってみたところ、一昨年の今日、オネーギンの原作を読了したみたいです。おめでとう、わたしたち。(うみねこのネタです)

もう2年間もこんなことやってるんですね……驚きです。今日も今日とて、フォロワーさんにバレエ版オネーギンのリアルタイム解説をするなどしていました。オネーギンに興味のある方は気軽に私を呼んで下さい。どこへでも駆けつけて解説致します。

 

 というわけで今日はバレエ版オネーギンの楽曲の解説をしていこうかと思います。

バレエ版オネーギンの楽曲は、全てチャイコフスキーの既存の曲のアレンジになっています。

その大半がピアノ曲で、ピアノ弾きの私が考えることは一つです。

 「……弾きたい……」

 私程オネーギンにハマっているピアノ弾きもいないかと思いますが(いたら握手)、もしかしたら似たような思想を持つ方もいらっしゃろうと、でなくとも、バレエ版の音楽に興味のある方、チャイコフスキーの楽曲を他の人間がオーケストレーションしたということに興味のある方、いらっしゃるでしょう。

正直これほどの曲を分解して調べて纏めるのは面倒くさい!そうですね!

だったら私がやりましょう! この凝り性なオネーギンクラスタの私が!

……というわけで今回の記事を書きました。オネーギンが好きで、チャイコフスキーが好きな皆様。是非お楽しみくださいまし。

※バレエ版オネーギンを鑑賞したことのある前提で書いていますが、仮に見たことがなくても、細かく楽曲の解説をしていますので、チャイコフスキーに興味のある方は楽しんで頂けるかと思います。でもバレエ版オネーギンは美しいので見るべきです。さいあく、You Tubeとかに上がっているので見るべきです。(アップロードは合法なのかどうかちょっと怪しいですが)

 

 参考にしたのはこちら。

f:id:sylphes:20170221035128j:plain

バレエ版オネーギンの制作元:シュトゥットガルト・バレエ団によるCDです。

2年前に北米Amazonでお買い上げ。バレエ版オネーギンが好きならば買う価値しかありませんので是非どうぞ(ダイレクトマーケティング)

 今回の記事はこのCDの曲順に沿って解説致しますのでご理解くださいませ。お持ちでなくても大丈夫です。そのための解説ですからね!でもお布施してほしいです!!(切実)

 

ACT1 - Entree

 肝心な序曲。こちらはThe SeasonsよりFebruary

The Seasonsはピアノ曲集で、各月毎12曲存在します。バレエ版オネーギンではここから沢山の曲が使われています。余談ですが、The Seasonsからきている曲はほぼ全てがレンスキーの踊りに当てられています。The Seasonsは著名な詩人の短詩を元に書かれた作品集なので、詩人レンスキーのイメージに合ったのかもれませんね。

 ピアノソロ/オーケストレーションという違いはありますが、基本的に大きな改変はありません。フルでそのまま使われています。

あの豪華なオーケストラ版が、元々ピアノ曲だというのはなんだか逆に新鮮みがあって面白いですよね。

www.youtube.com

↑大体一緒の元曲です

 

ACT1 - Danse

 個人的にバレエ版の曲で一番好きな曲がこちら。

ラーリン家に仕える娘達によるコール・ド・バレエであり、後半からオリガが参加します。

使われている楽曲は、前半部、後半部にPolka Op. 51, No. 3

www.youtube.com

こちらの動画でいうと、1:45のところまでが前半部となります。また、3:51から後半部として使われています。

実際に弾いてみると、黒鍵での両手のクロスが意外と厄介な一曲です。

 展開部に、Feuillet d'album Op.19 No.6を丸々そのまま使っています。

繰り返し部分は少し削られていますが、大方そのままです。

www.youtube.com

ラスト4小節を削り、Polka後半部と連結させているのですね。アレンジが上手い……。

 

 

ACT1 - Pas D'action

 レンスキーとオネーギンが初登場するシーンです。

こちらはかなり複雑なので、細かく解説していきます。

冒頭部、上記のFebruraryが再び使われています。展開部からのスタートで、上記の動画だと1:14~になります。

徐々に上昇するパッセージの後、レンスキーの登場に合わせてJanuaryに移行。

www.youtube.com

最初がFebruary(2月)でその後にJanuary(1月)かーい!時間遡ってるやないのーい!……という野暮なツッコミはさておき。

 上記動画でいう30秒くらいのところまで使われます。この後のレンスキーのヴァリエーションもJanuaryですし、レンスキーのテーマというわけですね。

 レンスキーがオリガの鏡を覗き込んで、突然の恋人の来訪に舞い上がるオリガ。楽曲はまたまたFebruaryに。1:51~の細かい装飾音がオリガの天真爛漫さをよく表しているように思います。

 トランペットのファンファーレの後、我らが主人公:オネーギンの登場です。

www.youtube.com

使用楽曲はImpromtu in A flat major

バレエ版ではアップテンポですが、原曲だとなんだかとても優雅に聞こえますね。

 この楽曲は第1幕、第2幕、第3幕共に、オネーギンが登場する時に必ず使われる曲です。Januaryがレンスキーのテーマなら、オネーギンのテーマはこちらと言えるでしょう。

 レンスキーに倣い、タチヤーナの鏡を覗き込むオネーギン。ここでまたFebruaryに変わります。

しかし、レンスキー&オリガカップルの可愛らしい長調の旋律とは違い、オネーギン&タチヤーナでは少し不穏な短調にアレンジされています。

二つのカップル(後者は成立していないけど…)の関係性をよく表している良アレンジです。

 

ACT1 - Variation (Lenski)

 恋する詩人:レンスキーのヴァリエーション。使用楽曲はレンスキーのテーマことJanuary

炉端で」という副題が示すとおり、朗らかで落ちついた一曲です。

中間部の大アルペジオは、弾くのは面倒ですが、囲炉裏の火が揺らめくようなイメージでしょうか、とても素敵です。

 このJanuaryはプーシキンの詩を元に書かれた一曲で、メタなこと言うとプーシキンの詩をそのまま詠う詩人レンスキーにぴったりとも言えます。w

夜が薄明かりのうちに静かな喜びの一隅を包む

囲炉裏の火は小さくなり 蝋燭は溶けてしまった

                     アレクサンドル・プーシキン

 バレエ版に際して大きな改編はなく、中間部の繰り返しを削ったくらいです。

 

ACT1 - Pas De Duex

 ゆったりとした曲に合わせたポージングが美しいレンスキーとオリガのパ・ドゥ・トゥ。使用楽曲はThe Seasonsより、June

www.youtube.com

 愛し合う若い二人のパ・ドゥ・トゥとは思えぬもの悲しく落ちついた一曲です。オペラ版とは大違い。(※オペラ版ではレンスキーのアリオーソ"Kak Shchastliv, Kak Shchastliv Ya!"(直訳で「なんて幸せだ、なんて幸せだろう!」)が歌われます。タイトルで分かると思いますが、ここのレンスキーめっちゃ嬉しそうだし幸せ絶頂!みたいな長調です。)

2月→1月→6月と、タイトル的には荒ぶっていますが気にしてはいけません。そしてやっぱり、レンスキーの踊りに使われるThe Seasons。

 こちらも改編はありません。オーケストレーションされたことによって厚みが増したJuneもまた素敵です。ここはバレエ版というだけでなく、使用楽器の違いによって立ち現れる違いに耳を傾けてみては如何でしょうか?

 

 

ACT1 - Pas D'action

 その場にいた全員が捌ける、繋ぎの場面。最後のタチヤーナを探していると思われるばあや(フィリピエヴナ)の動きがコミカルなワンシーンです。

 またか!そうです、February。43秒の繋ぎの場面ですし、冒頭部分が少しだけ使われています。

ラーリン家のテーマがFebruaryなのでしょうね。いい加減飽きたので解説もお終いとします。

 

 

ACT1 - Scene

 オネーギン&タチヤーナの再登場。チェロとコントラバスの重たい音色で登場する主人公なんてお前だけだ、オネーギン。

さて、使用楽曲はなんと、歌劇から。

歌劇:Cherevichki(チェレヴィチキ)より、オクサーナのアリアです。

www.youtube.com

2:27からの部分で、歌無しのインストルメンタルとして使用しています。

バレエ版だとオネーギンがはじめてタチヤーナをリフトする場面、上記の動画だと3:14からは歌の部分もオーケストラに組み込んでいきます。

 チェレヴィチキはオペラとしてはかなりマイナーな作品で、私も今回初めてCDを購入しました。曲はチャイコフスキーなのでとても素晴らしいのですが、なるほど確かにストーリーに少々難ありのようです。いや、ゴーゴリの物語はよいのですが、余りにもオペラ向きではない……。

 このアリアを歌い上げるオクサーナは、自分の美貌を知る少々傲慢な娘で、主人公:ワクーラに気がありながら、生意気な態度を取ってしまう。このオクサーナのアリアは、そんな彼女の心の内を密かに、しかし華やかに歌い上げています。

 このアリアがオネーギンの各所で使われているとなると、どうしてもタチヤーナの純真さに心を動かされながら、飽きで麻痺した心で拒絶してしまうオネーギンと重ね合わせてしまいます。或いは、音の上昇とタチヤーナのリフトが組み合わさるバレエ版は、オクサーナとタチヤーナの恋による心の高揚感が現れているようにも思えます。

 

 

ACT1 - Variation (Onegin)

右手の動きが異様に艶めかしいオネーギンのヴァリエーション。これは惚れる

使用楽曲は、チャイコフスキーの中でも特に有名なNocturne op.19 no.4

チェロのアレンジの方をご存じの方も多いのではないでしょうか?

www.youtube.com

 チェロ版の伴奏のオーケストレーションを元にしていると思われ、ほぼ原曲通りとなっています。ピアノソロだと大分味気ないので、良いアレンジだと私は思います。

後半部は右手の旋律がタチヤーナ、左手のメロディラインがオネーギンを非常に上手く表しています。元々振り付けと共に書かれた曲かと錯覚するくらい……。

 このような有名な曲がヴァリエーションに使用されるなんて、流石タイトルロールというべきでしょう!

 

 

ACT1 - Finale

ラーリン家に仕える男女による、土臭さを残したコール・ド・バレエです。

使用楽曲はCherevichki(チェレヴィチキ)からRussian Dance。そのままです。

www.youtube.com

聞いて頂くとわかるかと思いますが、本当にそのままです。

もしコンサートなんかで聞く機会があれば(マイナーなのでないかと思いますが…)、つい体が動いてしまいそうですね。

 

 

ACT1 - Intermezzo

 第1幕第1場と第2場を繋ぐ舞台替えの時間。バレエ版オネーギンでは、中幕の前で登場人物たちがすれ違い、関係性を端的に表します。そのシーンが私は物凄く好きなのですが、同意して頂けるでしょうか?

 さて、使用楽曲は上記と同じく、CherevichkiよりRussian Danceです。

かなり重たく、ゆっくりとアレンジしています。

 途中から曲が変わり、これまたお馴染みFebruary。何度目なんだFebruary。いい加減飽きたぞFebruary。

ラーリン家の人々のシーンなので仕方ないっちゃ仕方ないのですが。いや、February好きですけどね!

 最後は次の曲に繋がるようにストリングスに絞っていきます。その音の削り方がとても秀逸なので、まだバレエ版を見ていない方は踊りと共にオーケストレーションを是非楽しんで下さい。

 

 

ACT1 - Scene

 第1幕第2場、タチヤーナの寝室。

うっとりとした表情で恋文をしたためるタチヤーナ。この時の楽曲はCherevichkiよりオクサーナのアリア。昼間のオネーギンを思い浮かべているのでしょう。ご丁寧に、歌い始め(=はじめてのリフト)からの抜粋です。

 ばあや(フィリピエヴナ)が登場すると、楽曲が変わります。これまたCherevichkiより、Overture(序曲)です。

www.youtube.com

1:58からの部分がそうです。9:55からは同じ部分が華々しくアレンジされています。同じメロディなのにここまで変わるか!というほど。

 序曲というのはその作品のテーマ曲みたいなものですから、チェレヴィチキがロシアの土着的なイメージの強い喜劇だということがここからもよくわかります。

 ちなみにオペラ版オネーギンの序曲は、ストリングスの切なげに降下する旋律が印象的な、ドラマティックでメロディックな一曲です。とても美しいので是非聞いてみて下さい。

 

 

ACT1 - Pas De Deux (Spiegel)

 バレエ版オリジナルのシーン。夢の中で鏡の中から立ち現れるオネーギンと、夢見る少女タチヤーナの鏡のパ・ドゥ・トゥ。

 ここはバレエ版オリジナルのシーンだとして、原作至上主義組からかなり叩かれたらしいですが、バレエという媒体にするに当たって仕方ないことだと私は思います。

パ・ドゥ・トゥっていうのはつまり、カップルで踊るものなのですから、カップルが成立していないとダメなのです。作中で一度もくっつかないメインのオネーギン&タチヤーナは、バレエにするにあたって死ぬ程厄介なのです。苦肉の策だったのですきっと。

じゃあオネーギンをバレエ化するなって?それは正論なので私にはどうしようもありません。でも、それにしたってバレエ版オネーギンは素晴らしいですよ。

 また、邪推すると、バレエ版のこのシーンは原作の第五章 - 名の日の祝いでタチヤーナが見た"ふしぎな夢"をオマージュしているのかなあ、なんて。まあ、それとは比べものにならない、理想の優しいオネーギンを描いた甘美な夢なわけですが。淫夢は禁句

 さて、長々と喋ってしまいましたがここで本題。ここで使われる曲は歌曲:ロミオとジュリエットより、愛のデュエット

www.youtube.com

2:54からのジュリエットの歌う旋律からがそうです。

 チャイコフスキーロミオとジュリエットを書いていたなんて、初耳だという方も多いのではないでしょうか? 私も驚いた一人です。

 この愛のデュエットは、あの有名なバルコニーのシーンのものらしく、なるほど、夢の中で束の間愛し合う二人の儚い絆に似ているとも言えましょう。

オクサーナといい、全然違うはずのキャラクターが、とあるシーンで使用されたというだけでこうも重ね合わさってしまうのは不思議なことですね。

 

 

ACT2 - Grand Valse

 第2幕の幕開けです。第2幕第1場は、タチヤーナの名の日の祝いから始まります。

第3幕第1場と違い、田舎らしい慎ましさで、老人が多いことが特徴です。

さて、使用楽曲はNatha Waltz Op. 51, No. 4

www.youtube.com

Bメロのアルペジオが特徴的な物静かなワルツです。バレエ版オネーギンでは、社交ダンスとして使われている曲ということもあって、華やかにオーケストレーションされていますね。

改変は一切なく、フルでそのまま使われています。

 

ACT2 - Mazurka

 バレエ版オネーギンといえば、そう、ここ、ラブレターを破るシーンですね!(?)

この前触れ、客人達が捌けていくダンスで使われるのは、Mazurka Op.72, No.6

www.youtube.com

マズルカというのは社交ダンスの中では最も難易度が高いらしく、オネーギンの得意分野であったりもします。ここで繰り広げられる軽やかなステップは原曲からも健在です。

さて、このマズルカがフルで演奏された後、肝心のラブレター引き裂き事件での楽曲はというと、Mazurka de Salon Op.9, No.3

www.youtube.com

マズルカを二曲繋ぐことで違和感を無くしているのですね。

こちらの方は、中間部をガッツリ削っています。そして2:25~また戻ってきます。

これだけ聞くと美しい曲なのですが、仏頂面のオネーギンが思いっきりラブレターを引き裂いた様を目の当たりにした我々からすると、最早この曲に関してはそのイメージしか湧いてきません。今でもありありと脳内再生出来てしまいます。

オネーギンがカードゲームの卓に戻ってからは、また最初のMazurka Op.72, No.6に戻ります。

 

 

ACT2 - Pas D'action

 グレーミン公爵の初登場シーンです。グレーミン公爵が名の日の祝いの席に現れるのはバレエ版オリジナル。しかし、グレーミン公爵はオネーギンの従兄弟なので、さして不自然もないように思います。

さて、使用楽曲はTendres reproches Op.72, No.3

www.youtube.com

ここは1分もない繋ぎの場面なので、イントロがほんの少し演奏されます。

 

 

ACT2 - Danse Generale

 タチヤーナとグレーミン公爵、オネーギンとオリガが交差する印象的なワンシーン。

グレーミン公爵に手を取られるも、オネーギンから目を離せないタチヤーナ。

一方のオネーギンは、自分を退屈なパーティに連れてきたレンスキーへの嫌がらせを決意。オリガとカード遊びに興じたり、二人で笑い合いながらレンスキーから逃げてみたり。

群衆の隙間でばったりと顔を合わせたオネーギンとタチヤーナは、あまりの気まずさにすぐに顔を背けてしまう。

不穏な匂いを漂わせ始めたストーリーと違い、軽やかで可愛らしいポルカが奏でられます。使用楽曲はPolka de Salon Op.9, No.2

www.youtube.com

これは本当にそのままですね。原曲の可愛らしさが残るオーケストレーションです。

 

 

ACT2 - Scene

 ポルカが終わり、タチヤーナを残して群衆が捌ける繋ぎのシーン。

こちらは上記Tendres reproches Op.72, No.3をアレンジして使っています。

20秒ほどの短いものなので冒頭のみです。かなりゆっくり、フルートのソロで奏でているので分かりづらいですが、ちゃんと聞けば同じ曲だとわかるはずです。

 

 

ACT2 - Variation (Tatjana)

我らがヒロイン:タチヤーナのヴァリエーション。

バレエ版オネーギンは、グランド・バレエの型に囚われず、ストーリーに沿ってヴァリエーションやパ・ドゥ・トゥが散りばめられているのが特徴です。

このタチヤーナのヴァリエーションでは、恋した異性の気持ちが分からず歯がゆい思いをする、子供っぽくも可憐な少女を上手く表現しています。タチヤーナの場合相手が悪い

使用楽曲はCapriccioso Op.72, No.3

www.youtube.com

実際に弾いてみると、左手でのメロディーラインがかなり厄介な一曲です。

中盤のクペ→シェネターン部分に相当する、高速アルペジオのあたりを大幅に削っていますが、大体同じです。

 

 

ACT2 - Finale

 いよいよ第2幕第1場も大詰めです。

レンスキーからオリガを奪い、黒鳥オディールさながらの誘惑をキメるオネーギン。

レンスキーに対しては、オリガをサポートしつつジュテで彼女を自慢するかのよう。オペラ版でのここのセリフは「どうして君は踊らないの、レンスキー?」超ウザい

そんなウザいけど蠱惑的なオネーギンの演技力が試されるここでの楽曲はValse à cinq temps Op. 72, No. 16

www.youtube.com

直訳で、「5拍子のワルツ」。

全くもって意味がわかりませんが、楽譜を見るとその構成のうまさに唸らざるを得ません。流石のチャイコフスキー

 終盤、激怒したレンスキーが白手袋を投げつける、バレエ版オリジナルのシーン。

ここでは明らかに上記Valse à cinq tempsとはかけ離れたメロディになるのですが、ここはクルト・ハインツ・シュトルツェ(※バレエ版オネーギンの編曲をした人)のオリジナルと推測されます。

 

 

ACT2 - Intermezzo

 第2幕第2場序曲。

オネーギンという作品の中で最も荒涼的な決闘シーンの前ということもあり、もの悲しい一曲となっています。

曲はこの後すぐ踊られるレンスキーのヴァリエーションと同じ、The SeasonsよりOctober

www.youtube.com

移調しているせいもあって、かなり分かりづらくなっています。

オーケストレーションに興味のある方は、じっくり研究されるのがよいでしょう。

 

 

ACT2 - Variation Triste (Lenski)

 Triste(悲嘆的な)なんて付いている、レンスキーのヴァリエーション。

オペラ版でいう、レンスキーのアリア("青春は遠く過ぎ去り")に相当しますので、辞世の句を体で表現したともいうべきこのヴァリエーションは、苦悩に満ちあふれていて見ているこちらが息苦しくなるくらいです。

使用楽曲は、先ほどに引き続きOctober

こちらはかなりわかりやすく、そのまま使われていますね。メロディラインをストリングスにして、原曲と比べて繊細な音の揺れを表現しています。

再びレンスキーの踊りに当てられたThe Seasonsですが、October(10月)の元となった詩はかのトルストイから。

わたしたちの庭から秋が

金色の木の葉の飾りを奪った

そして木の葉はゆっくりと

林の中を風にはためいて行く  

               アレクセイ・ニコラエヴィチ・トルストイ

 

 

ACT2 - Pas De Trios

 ラーリナ姉妹とレンスキーの3人で踊られる、かなり珍しいパ・ドゥ・トリオ。

ここでラーリナ姉妹が決闘を引き留めにくるのもバレエ版オリジナルになっています。丸々1場を男性二人で繋ぐのには流石に無理があったのでしょう。(そういえばバレエ版ではザレーツキィとムッシュー・ギヨーが出てきませんよね。流石に男4人のカルテットはヤバすぎるということでしょうか。でもオペラ版だとやってるしいけるよ多分……)

使用楽曲はまたもThe SeasonsよりAugust

www.youtube.com

レンスキーの死と共に、The Seasonsシリーズが出揃いました。2月→1月→6月→10月→8月と大分荒ぶっていましたね。w

もし「バレエ版オネーギンの曲を弾きたい!」という凝り性な方がいらっしゃいましたら、The Seasonsは購入なさることをオススメします。

Augustは原曲にAllegro Vivaceという指示があり、このリズムも難解で指が絡まりそうな曲を高速で弾き上げることが求められます。それと比べると、バレエ版のアレンジでは大分遅くなり、イメージも変わったことと思います。

The Seasonsは全ての曲が3部構成になっているのですが、今回は第1部、上記動画でいう~0:55が使われています。

 第2部の代わりに挿入されるのが、久しぶりのImpromtu in A flat major

かな~り↑の方、ACT1- Pas D'actionにて初登場致しましたこの曲。

www.youtube.com

久々なのでもう一度貼ります。

前に解説致しましたように、この曲は必ずオネーギンの登場シーンで使われます。

つまり、ここで我らがロシアの外套を羽織ったチャイルド・ハロルドがピストルを手に現れるわけですね。編曲と振りが見事に一致しています。

ここでは決闘前ということを意識してか、第1幕、第3幕よりも勇ましいアレンジになっています。

 そして第三部、再びAugustに戻って参ります。ここのレンスキーとオネーギンが背中合わせに近づき、対峙するも決裂してしまう様は、オペラ版のレンスキーとオネーギンの心の内を謳った「手が血に染まらぬうちは笑い出すことも出来ないのか? 仲良く別れることは出来ないのか?」という歌詞を思い出します。

 最後、オネーギンのピストルが火を噴き、曲は更に壮大にアレンジされたOctoberになります。

先ほど斃れた詩人が嘆いたこの曲で、我らが主人公も手に顔を埋めて嘆くのです。ふたりは親友

 

 

ACT3 - Pollacca

 首都ペテルブルク、花の社交界。オペラ版、バレエ版共に、華やかなポロネーズで第3幕は幕を上げます。

使用楽曲はCherevichki(チェレヴィチキ)より、Polonaise

www.youtube.com

ほとんどそのままですが、オーケストレーションに違いがあります。バレエ版オネーギンでは第1部でも優雅に聞こえるようアレンジが加えられています。

また、中間部は少し削られています。

原曲はかなり勇ましいですが、バレエ版オネーギンでは社交界に相応しい華々しくも優雅で洗練された曲に仕上がっています。

 

 

ACT3 - Scene

 26歳になり、社交界に帰還した我らが主人公オネーギンの登場です。

ドイツの初演では、白髪に口髭というメイクのせいでロシアの世界観警察を激怒させたと、日本の世界観警察:わたくし茅野も聞き及んでおります。ファンとしては時代考証もしっかり厳守して頂きたいと思うものの、中年オネーギンというのもめちゃくちゃ気になる次第であります。(※原作を読むに、あの後オネーギンが長生きしたというのは少し考え辛い気も致します。病死なり自殺なりしてそう。或いは……)

はてさて、ここでは彼の回想シーンのようなものが入ります。沢山の女性がオネーギンの気を引こうとしますが、オネーギンと彼女らの視線は一度も噛み合いません。

まさに心ここにあらずという状態のオネーギン。使われた楽曲は、第1幕第1場にて、オネーギンが登場した際に使われたオクサーナのアリア冒頭と、オネーギンのテーマことImpromtu in A flat major。オネーギン尽くしです。

この曲が使われるのも最後となり、漸くフルで使用されます。重低音でのメロディラインはそのままに、優雅さがプラスされています。

 

 

ACT3 - Scene And Pas De Deux

 宮廷の寵愛を受け、社交界の誰からも羨まれ、慎ましげな愛を築くグレーミン公爵夫妻のパ・ドゥ・トゥ。

冒頭は、第2幕第2場でグレーミン公爵が初登場した際に使われた、Tendres reproches Op.72, No.3。これがグレーミン公爵のテーマということでしょうか。

 パ・ドゥ・トゥでは、Romance Op.51, No.5が使われています。

www.youtube.com

こうやって聞くと、とてもバレエの練習曲っぽい……と、思いませんか?w

この落ちついた感じが、老年の公爵と貞淑なタチヤーナによく合っていると思います。

 

 

ACT3 - Pas D'action And Finale

 グレーミン公爵夫妻に駆け寄るオネーギン。そして、彼女があのタチヤーナであることを確認します。

オペラ版だとオネーギンのアリオーソ("Uzhel' ta samaja Tat'jana")に当たる部分なので、ここでヴァリエーションとかやってくれてもよかったのに~と思いつつ、尺の都合などありますので黙ります。

 使用楽曲は、第1幕第1場のフィナーレで使われたCherevichkiCossack Danceです。

www.youtube.com

4:17~がそうです。

 ポロネーズ同様、原曲と比べると少し優雅に感じますね。中間部端折っていますが、大体同じです。

 

ACT3 - Scene

 第3幕第2場。公爵夫人タチヤーナの部屋にて、ラストシーンです。

冒頭にFrancesca da Rimini

www.youtube.com

1:28~をアップテンポにアレンジしています。

 グレーミン公爵が現れてから、最後のダメ押しFebruary。あの懐かしい音色がここで一瞬出てきます。よく見ると、タチヤーナの机の上には鏡が。そう、第1幕第1場と同じように、グレーミン公爵がタチヤーナの鏡を覗き込むのです。その時と同じように、タチヤーナはびっくりして逃げだし、Februaryは短調にアレンジされます。

 そして、グレーミン公爵とタチヤーナの二人ということで、先ほどのパ・ドゥ・トゥで使われたRomance Op.51, No.5。振りも先ほどと同じです。

 グレーミン公爵が去り、入れ替わるように現れるオネーギン。そこで旋律はまたFrancesca da Riminiに戻ります。そしてそのまま最後の魅せ場:手紙のパ・ドゥ・トゥへ―――。

 

 

ACT3 - Pas Du Deux

 ラストシーン、手紙のパ・ドゥ・トゥ。

少年のように情熱的に恋い慕いながら、病的に痩せ衰えたオネーギンと、本心ではオネーギンを未だ愛しながら、貞淑な妻としての道を捨てられないタチヤーナ。高い演技力が求められ、また、難易度も高いフィナーレに相応しい出来になっています。

楽曲は先ほどのFrancesca da Rimini(フランチェスカ・ダ・リミニ)

フランチェスカ・ダ・リミニは、ダンテの神曲に登場するキャラクターです。この曲はダンテの神曲を読んで深く感動したチャイコフスキーがその場の勢いで書き上げたものです。

簡単に説明しますと、フランチェスカはジョヴァンニという足が不自由で醜い領主のところへ嫁ぐことになるのですが、ジョヴァンニの弟:パオロとお互いに惹かれ合います。あるとき、フランチェスカとパオロが密会していると、それがジョヴァンニに見つかり、二人は殺されてしまう……というお話です。

足が不自由で醜い領主……それってグレーミン公爵のことでは?(※バレエ版ではイケメンですけど、原作では不具で太っているという描写があります。)

惹かれ合い密会する男女……それってオネーギンとタチヤーナ?

では、オネーギンの結末って……? な~んて、考察妄想が滾りますね!

 楽曲について、細かく見ていきましょう。手紙のパ・ドゥ・トゥは、フランチェスカ・ダ・リミニを断片的に切り取って繋いでいるので、上記動画に沿って解説します。

1:29~3:23:第3幕第2場入り~オネーギンが出てくるとこまで

7:32~7:50:タチヤーナがオネーギンの手紙を突っ返すところ(※一番最後)

8:40~10:52:手紙のパ・ドゥ・トゥ始~二人がすれ違う振りまで

12:04~16:18:8:40~の繰り返し~二人が顔を付き合わせるところまで

17:45~17:58:アラベスクで後ろ下がる時の

18:33~20:33:二人が抱き合うところ~リフト(※後半オーケストレーションが少し違う)

23:50~:ラスト手紙を突き返すところ~終幕まで

という流れになっています。(分かりづらかったらすみません)。

 

 

最後に

通読お疲れ様で御座いました!なんとか全ての楽曲の原曲を提示することが出来ました。

この記事が何字になったかと申し上げますと、なんと、13000字超です。本当にお疲れ様でした。書いたわたくしも疲れました。

オネーギンはオペラ版は勿論、バレエ版も楽曲が素晴らしいです。流石のチャイコフスキーです。編曲のクルト・ハインツ・シュトルツェも才能に満ちあふれています。

オネーギンが好きな方、ピアノで弾いてみたい方、チャイコフスキーオーケストレーションに興味がある方、そういう方々のお役に立てたならば幸いでございます。

それでは、オネーギンファンが増えると願って。