世界観警察

架空の世界を護るために

ニクサ皇太子様を考える2 - 帝政ロシア雑記

 こんにちは、茅野です。

物凄くひょんなことからオタ活をしています。当方、なにかに熱中していると基本的な生活が出来なくなる性質なのですが(時計を一切見ない、食事や睡眠を忘れるなど)、お陰様で先週は見事に色々やらかしました。ご迷惑をおかけしました。

 「オタ活」とはなんぞや、と申しますと、2年前にサークルのせいでハマったニコライ・アレクサンドロヴィチ皇太子殿下(1843-1865)を軸とした、歴史if考察妄想です。詳しくはこちらから……、なのですが、弊ブログの中でもトップクラスのキモオタ記事の為、紹介するのは少々恥ずかしい。

sylphes.hatenablog.com

 それでですね、リサーチを積み、歴史ifとして、歴史政治学や比較憲政史の分野でも色々アプローチしていますが、まあ、単純に、ニコライ皇太子殿下(以下ニクサ様、殿下)の人と成りが充分に興味深すぎる! ……ということでですね、今回は学問的ではない分野について書いていこうかな、とおもいます。生活についてや、面白いエピソードとかですね。

 わたしが書き連ねていくだけだと、只の限界キモオタの推し語りにしかならないとおもうので、ニクサ様について記述されている書籍をご紹介しながら、その中のエピソードをちょこちょこ紹介していく、という形にしようかとおもいます。それでは、宜しくお願いします。

 

 

アレクサンドル二世暗殺

bookmeter.com

 まずは日本語の書籍からご紹介します。殿下に関して、一番記述が多いのはこちらではないかなとおもいます。しかも、ものすんごいベタ褒め。びっくりするくらいのベタ褒め。単純に史伝としても面白いので、オススメしたい一冊(上下巻ですが)です。

 こちらの本で、ソースとして使っているのがリトヴィーノフ中尉の手記です。ニクサ様に関する記述(特にその死に関して)は、リトヴィーノフ中尉派とアンナ・チュッチェヴァ派で分かれるのですが、こちらは前者。一応原文も出しておきます。

www.librapress.ru

 こちら、前半部はニクサ様に関する記述を抜いたという、同志が作成したとしか思えない記事です。凄い。

 ちなみに、下に挙げる多くの本で、殿下の渾名は「ニクサ(Nixa)」とされているのですが、こちらでは「ニックス(Nix)」になっています。こちら、長らく疑問だったのですが、つまりこういうことらしい。「ニックス」というのは、皇帝ニコライ一世の愛称です。ニクサ様はこのニコライ一世にちなんで命名されたので、元々「ニックス」という愛称も継いでいたのですが、弟アレクサンドル(後のアレクサンドル三世)がふざけて「ニクサ」と呼び始めたのが逆に定着した……ということらしいのです。何がどう「ふざけて」なのかよくわからないのですが、例えば、ドイツ語由来の「水の精」「人魚」をロシア語で「ニクサ」と言ったりする(スラヴ神話では「ルサルカ」が対応。基本は複数形の никсы を使う為、никса を使うのは稀と思われる)ので、ここら辺が由来か?? とかごちゃごちゃ考えているのですが、真偽の程は定かでない。

ru.wiktionary.org

 

ロシア皇帝歴代誌

bookmeter.com

 次いでご紹介したいのがこちらです。単純に資料的価値が高い。

こちらでは、まあ、半ページくらいしか記述がないんですが、エカテリーナ宮ズボフスキー棟のニクサ様の寝室の絵が載っているのが凄まじい。日本語の書籍としては破格の好待遇です(?)。

f:id:sylphes:20200709130025j:plain

 ニクサ様については、日本語の書籍でもアレクサンドル二世か三世の項に1~3行程度記述があることが多いです。しかし、しっかりとした学術書ならともかく、胡散臭い教養本の類いでは大抵生没年(1843-1865、没したのは21歳7ヶ月で、22歳ではないことに注意)や、死因(結核髄膜炎)が間違っている確率が非常に、非常~~~に高く(※既に3冊くらい見つけている)、オタクとしては悲しんでいます。

 ニクサ様が仮にあと5ヶ月健康だったら? と考えてみて下さい。たった5ヶ月でロシア史、世界史に与える影響は絶大なのです。何故なら、ダグマー姫(後のマリア・フョードロヴナ)と正式に結婚する運びとなり、そうなれば仮にその直後に薨御したとしても、弟アレクサンドルと結婚することは不可能となり、確実にニコライ二世が産まれなくなるからです。確かに、物凄く優れた能力を持った人でありながら、早逝によってその功績が世界に与えた影響というものは微々たるものかもしれません。が、このように、重要な人物でありますから、もうちょっと丁寧に描いて欲しいものだなぁと、オタクは考えるものなのです。はい。言いましたからね。宜しくお願いします。

 

The Romanovs

bookmeter.com

 英語でしたら、こちらがわかりやすくてよいのではないかとおもいます。700ページもある、化け物みたいな本です。

 こちらでは、幼少期のニクサ様について載っているのが非常にポイントが高いですね。9歳くらいの頃、フランス語の授業をサボったものの皇帝ニコライ一世の気に入るような言い訳をかまして寧ろ可愛がられたエピソードや、後のアレクサンドル三世と喧嘩して枕を投げつけたエピソードなどが載っています。可愛いの極み。

 

Несостоявшийся Император

books.google.co.jp

 ここからはロシア語書籍を紹介します。当方、ロシア語初学者で全然読めている自信がないのですが、供給ほしさに頑張っています。オタクだと、こういうときに頑張れるのがいいですよね。頑張れオタク!

 こちらはニクサ様に関する伝記です。ニクサ様の伝記です。 もう一度言いますが、ニクサ様の伝記です。凄くないですか?(?)

 21歳7ヶ月しか生きていないにも関わらず、350ページの伝記になっています。概要を学ぶならここから入るのがオススメ。しかし、350ページもありながら、ここで挙げている別の書籍に書いてある記述が全くなかったりと、寧ろ「足りていない」んですよ。350ページで足りないんですよ。凄くないですか?(?)

 ロシア国立文書館は勿論、没地となったニースでもリサーチを積まれたという著者の学術的な一冊です。

 

Формирование Представлений Наследников Престола О России В Эпоху Великих Реформ

 フョードル・メレンティエフ先生の論文です。モスクワ大学史学部卒、現在はロシア国立文書館に勤めていらっしゃるという、本物の研究者です。して、何を研究されているって、まさかの我らが殿下ではないですか。衝撃的。殿下を主要な研究対象にしていらっしゃるのは、わたしが知る限りでは先生のみです。今もバリバリに活躍されていらして、今年に入ってからも論文出てます。今世紀最大の供給クリエイター。書いてらっしゃるもの、こっそり全部読んでます。どれも力作、学術的で専門性が高く、先生の論文読みまくっとけば間違いない、みたいなところがあります。

 今回上げたのは、ニクサ様とアレクサンドル三世に施された教育についての論文で、座学から国内・国外研修旅行までを網羅した、300ページ弱もある傑作です。始めてこれを見つけたときは大興奮でしたね。ちなみに、新国立劇場「オネーギン」オペラトークの前日だったので、物凄くよく覚えています。昨年8-10月、供給が多すぎて頭がおかしくなりそうだった。

 個人的に特に好きなのは、ドン・コサックとの会談とその後ですね。わたしはサークルで国際政治を研究していましたが、いや、実に、ニクサ様は政治家向きの性格をしていらっしゃる!() 19歳でこれだなんて、壮年にもなったら欧州一のやり手だったに違いありません。ビスマルクも、ヴィクトリア女王も、ナポレオン三世も怖くない。というか、存命ならば彼らと外交駆け引きを行ったのかとおもうと……!! うーん、やはり存命IF妄想が捗ってしまう……!! ニクサ様は、広いロシアの地政学をやはりよく理解していらして、地方行政や多民族国家としての在り方ということに心を砕いていたことが様々なことからわかります。広大な土地を保つ大帝国は、歴史上内側から崩壊するのが常ですから(ロシア帝国だって将来的にそうなっていると言えます)、国土の隅々まで目を光らせることが大切です。しかし、政治研究をしていた関係で、参考に出来ることがあったら是非参考にしようとおもっていたのですが、自分に惚れさせるというやり方は難易度が高すぎませんか。先生、無理です。

 

Знаменитые русские о Флоренции

books.google.co.jp

 伝説の「伊露会談」(1864)について載っているのがこの一冊。

ニクサ様が当時21歳になったばかり、ウンベルト王太子が20歳の頃の話です。ミラノにて、イタリア・ロシア次期君主の会食が組まれ、我らが皇太子殿下は以下のようにお尋ねになったそうな。

ニコライ皇太子殿下「我が国でも、法的大改革に於いて、貴国のサルデーニャ憲章を大いに参考にさせて頂いておりますが、法源は何ですか? 又、裁判所の組織図について、説明願えますか?」

ウンベルト王太子殿下「あなたはわたしのわからないことばかりお尋ねになる。貴国に於いては、君主が法を熟知していないといけないのでしょう。我が国では違います、それは議会が知っていればよいのです」

……これに対し、我らが皇太子殿下がどのように返答したのか定かではありませんが、まあ、一国民からしたら、国王には普通に法は知っておいて欲しいですよね、ええ。ちなみに、くだんのサルデーニャ憲章(=アルベルト憲章)も確認しましたが、国王にも当然、かなりの政治的権利がありますから、やはり言い訳にすぎないのではないかと考えています。特に34条とか……。

↓アルベルト憲章全訳。

sylphes.hatenablog.com

 又、トリノでは有名なイタリア統一王、ヴィットーリオ・エマヌエーレ二世と面会し、大演説をかましてイタリア議会を仰天させたそうな。当時の首相、ラマルモラは、殿下の先生であり法学者のチチェーリンに「この青年は完璧だ。あなたにとって、なんて誇らしいことでしょう!」と叫んだらしい。わかる。

 イタリア国王・閣僚をも魅了したことがわかる、伝説的エピソードでした。必見。

 

Великие князья дома Романовых

books.google.co.jp

 ロマノフ大公たちについての一冊。

この本で注目したいのは、やはりコンスタンティン・ニコラエヴィチ大公とのエピソードですね。コンスタンティン大公(通称コースチャ大公)はアレクサンドル二世の弟で、ニクサ様からしたら叔父にあたります。

 コースチャ大公がまた……悲しい人なんですよ……。「赤い大公」として知られ、厳格なインテリ左派だったコースチャ大公は、兄アレクサンドルよりも頭脳明晰で知られ、当人も皇帝の座を望みながら、次男というだけで皇帝にはなれなかった、という人なのでした。帝位を辞退してデカブリストの乱の引き金となった先代コンスタンティン(・パーヴロヴィチ)大公、見習って欲しい(?)。

 そんな中、兄アレクサンドル(当時はまだ皇太子)に待望の男児が生まれたのでした。それがニクサ様です。そして、ご存じの通り、このニクサ様が実に優秀だった為に、コースチャ大公は狂喜したわけです。自分が遂げられなかった夢を、彼に託そうと決心したのでした。休みの日に外に連れ出して、色々なものを見せたり教えたりしたそうな。ニクサ様はセーリングが趣味ですが、それもコースチャ大公が海軍総督であったことが影響しているのではないかと考えています。ニクサ様はコースチャ大公の「教育」に強い関心を示し、スポンジの如く何でも知識や経験を吸収したそうな。そんなニクサ様にコーチャ大公が付けた渾名が「完成の極致(the crown of perfection)」。……それ、ほんとうに人間に付ける渾名なのか?

 しかし、ご存じの通り、ニクサ様は突然、早逝されてしまうわけです。勿論彼にとっても悲劇ですが、自分がコースチャ大公だったら……とおもうとそれだけで鬱ですね。自分が叶えたかった夢、それが間接的に実現しそうだったのに、それまで絶たれてしまったと。尚、彼の長男もニコライといいますが(愛称はニコラ)、この息子は美男で鳴らし、放蕩息子として悪名高く、ロマノフ家の醜聞筆頭格として疎まれていたのでした。最終的には窃盗までやらかし、追放されます。コースチャ大公の精神を思うと、心苦しくなる話です。

 そんな心理小説も斯くやとおもわれるエピソード群も存在するのでした。 

 

Мемуары графа С.Д. Шереметева

books.google.co.jp

 シェレメテフ伯の回想録です。こちらと、次にご紹介するのは一次資料になります。

 シェレメテフ伯はアレクサンドル三世(ニクサ様の弟)の幼馴染みで、この回想録は当時の様子を子細に表しているとして、色々な方面から貴重な資料とされます。

 さて、この回想録で我々が注目したいのは、エカテリーナ・オルデンブルクスカヤと我らが殿下のラヴ・ロマンスでしょう。エカテリーナはニクサ様の三つ下の親戚(再従姉妹?)で、彼に恋をしていたようです。一方、シェレメテフ伯はエカテリーナに恋をしていたと。三角関係ですね。エカテリーナはニクサ様に恋を告白しますが、我らが皇太子殿下は「貴女のことは兄のような愛で愛していますよ」と、どこかで聞いたようなセリフ(もしかして: エヴゲーニー・オネーギ)を吐き、友情の証としてターコイズの指輪を贈ったそうな。友情の証として異性に指輪って、中々色男ムーヴだとおもいますが……それはさておき。

 シェレメテフ伯は勿論嫉妬はしたようなのですが、ニクサ様が超人だったので、寧ろ褒め称える文章が多く散見されます。恋敵すら魅了するとは、一体なにごとだ。そこには、エカテリーナへの恋心を世間に隠したいというような意図もあったらしいのですが、我々には最早真意は想像することしか出来ません。ちなみになのですが、このニクサ様に関する記述というのが、なかなか変態チックで読み応えがあります。殿下が身につけている、「清潔な糊の利いた白いシャツの襟」の描写に半ページくらい使っていたり、なんか、結構、凄まじいです。他にも、エカテリーナ亡き後、くだんのターコイズの指輪を生涯大切に所持していたり、エカテリーナが好きなんだか、殿下が好きなんだか最早よくわからんみたいなエピソードもあります。シェレメテフ伯って、現代に生きていたらかなり限界なオタクになっていたんではなかろうか。話が合う気がしてきました。

 当時の記録の中でも特に「限界」なものをお望みでしたら、こちらがオススメです。

 

При дворе двух императоров

books.google.co.jp

 フョードル・チュッチェフの長女、アンナ・チュッチェヴァの日記です。

チュッチェヴァ女史は、宮廷に仕えており、ニクサ様らのお世話係をしていたので、それはもう凄まじい記録が読めます。側近の記述の中でも特に記述が丁寧なことで知られています。見所がありすぎて挙げられないレベル。全てが見所。

 流石に怖いな……と感じたのは、死に纏わるところですね。所謂脳卒中を二回も起こしたりと、かなりハードな病状だったにも関わらず、死の直前まで政務をしていて、人前に現れる際は「一国の代表が弱音を吐いたり昏倒するのは相応しくないから」と物凄い無理をしていたらしいのですが、死後剖検を行ったところ、「椎骨が三本腐っていた」とか書いてあったことですね。ろくな治療もせず椎骨三本腐らせて何事もなかったように政務するその精神、どうなってるのかわたしにもちょっとよくわかりません。無理をしすぎるのは宜しくないですが、それがすべて「祖国のため」と言うなら、その魂は皇帝に相応しすぎた。

 

The Romanov Empress

bookmeter.com

 さて、ここからは歴史小説について。フィクションが混じっている世界ですね。

こちらは英語の歴史小説で、マリア・フョードロヴナに関するものです。ニクサ様は冒頭から50ページくらいまで出て来るので、早逝する彼としたら出演率が高いほう(?)。

 で、内容なのですが……。「そこは変えないで欲しかったな!?」みたいなところが結構ありまして、史実に依らない点がかなり多くあります。ggれば一瞬で出て来るようなことについても事実と反する描写があり、史実厨のオタクとしては、少々厳しいところがあります。

 それから、皇后マリア・フョードロヴナ自身の一人称視点で語られるのですが、当時16歳とはいえ彼女はもう少し聡明だったのではないか、とおもいます。手紙にて、ウィーン条約(1864)の話をしているくらいですし。ニクサ様についても、確かに大帝国の皇太子でロマンティックな美男子というだけで充分にラヴ・ロマンス系の歴史小説向きなのですが(この時点で設定を盛りすぎている)、やはり特筆すべきはその優れすぎた頭脳にあるとおもうので、そこを描写してほしかったなぁ~……とオタクはおもうわけです。まあ、「フィクション」としたら、いいんじゃないですかね!(投げ)

 

Любовь и долг Александра III

play.google.com

 こちらはロシアの歴史小説。こちらは皇帝アレクサンドル三世にスポットを当てたものですね。マイナージャンルでずっと生きてきたオタクなので詳しいのですが、こういう場合、婚約者や弟の記録を探れば供給が得られるということ、知っているんですよね。

 こちらは先程の『The Romanov Empress』と違い、本国製ということもあって、より史実に忠実になっています。有り難い。フィクションとして書き足されるのは、臨場感ある彼らの心情にあるわけなのですが、結構描写がなんというか、苛烈。

 ちなみに、ニクサ様の渾名が「水の精」に由来するのではないか、という推察をしましたが、こちらでは「ルサルカ」ではあるものの、ずっとルサルカの主題が繰り返されるので、もしかして、もしかするのか……? という思いも強まっております。真偽の程は定かでない。

 

最後に

 通読ありがとうございました! 限界オタク語り記事でした! 7000字超えているという恐怖。オタクに口を開かせてはならない。

 まだまだ書籍あるかとおもいますが、主要なものは挙げられたのではないかとおもいます。寧ろ何か見逃していたら教えて頂きたい。

 再燃してリサーチ再開しているので、折角なので真面目な記事も書けたらいいな~とおもっています。期待せずお待ち下さい。

それでは、また別記事でお目にかかれれば幸いです。