世界観警察

架空の世界を護るために

オネーギン年齢論争

  こんばんは、茅野です。この記事を書いていて改めて思ったのですが、やはりロシア語を勉強した方がはやいと思います。間違いないです。

 

さて、そんなわけで今回の議題はズバリ、「オネーギンは何歳なのか」、です。

これは数多の学者、ファンを悩ませてきた難問で、未だに決着がついていません。熾烈な激論が交わされ、「オネーギン年齢論争」として知られています。

今回はこの難問を筆者が華麗に解決!……とはゆきませんが、学者方の見解を交えながら、この謎を追ってみることを趣旨とします。それではお付き合い宜しくお願い致します!

 

オネーギンは何歳なのか

  皆様は我らが主人公の年齢をご存じでしょうか。

原作前半部にて、イヤというほどレンスキーの年齢は強調されています。しかしながら、我らが主人公のこととなると、一度しか出てこないのです。

唯一原典で表記があるのは最終章・第八章「社交界」に於けるこの一文です。

オネーギンは決闘で親友を殺してから、二十六歳まで目的もなく漫然と暮らし、勤めも妻も仕事もないつれづれな暇に苦しみながら、何一つ打ち込むことができずにいた。

                  (池田健太郎訳「オネーギン」)

 よって、第八章(オペラ・バレエでいう第三幕)に於いては彼が26歳であることがはっきりしているわけです。

 では第二章(オペラ・バレエでいう第一幕)ではどうなのか。

実はこれが実に難解な問題となっているのです。見てみましょう。

主人公のエヴゲーニイ・オネーギンはペテルブルグの没落しかけた貴族の青年で、十八歳ほどで社交界に出て、夜会や劇場通いや恋愛遊戯に明け暮れること八年、いつしか生に飽いて 、家に引きこもり、読書や物書きを試みるが打ち込めず、鬱ぎの虫にとりつかれる。その頃おじの死により相続人として初めて田園に移り住んだ主人公は、八歳年下の地主貴族レンスキイと交際を始める。(中略)

半年後のタチヤーナの名の日の祝いのパーティで、オネーギンは些細なことからレンスキーを怒らせ、決闘沙汰となり彼を射殺してしまい、村を離れて放浪の旅に出る。それから二年後、首都ペテルブルグに舞い戻った彼は自分の従兄弟にあたる将軍の嫁にして、社交界の女王的存在となった公爵夫人タチヤーナと再会する。

          (田辺佐保子「プーシキンとロシア・オペラ」)

 エフゲーニー・オネーギンは、この時代の末期に生まれ、十六歳でペテルブルグ社交界にのりだす。ロンドン風のダンディ・スタイル、調髪は最新のモード、ペダンティックな教養、読むものはホメロスディドロアダム・スミス、そして夜ともなればオペラ、バレエ、コンサート、そして宴会、また宴会。

                (相田重夫「帝政ロシアの光と影」)

オネーギンは1795年の生まれで、勉強を終えたのは1811-12年ごろと推測される。これはプーシキンと4年の差がある。こうした推測は、第4章第9連13行、第八章第12連第11行あたりの情報から推測できる。

                     (若島正, 皆尾麻弥, 鈴木聡, 中田昌子, 吉川幹子「ナボコフ訳注『エヴゲーニー・オネーギン』注解)

 Onegin ends schooling & débuts at 17 years old (see IV:9)

 Action of Cantos II & III at he was 25 years old

                                                                                         (Wellesley College)

いや、おかしいでしょ(正論)

そうなんです。ただわからないだけではない。権威ある学者様方、言っていることがバラバラなんですね! 勘弁してくださいよ!

 

ロトマンの年表

 オネーギン年齢論争で一番有名なのが、ユーリ・ミハイロヴィチ・ロトマンの説です。

概要としては、こんなかんじ。

f:id:sylphes:20180630154843p:plain

  一瞬納得してしまいそうですが、この説が原作と矛盾していることにお気づきでしょうか?

仮にオネーギンが1795年生まれなのであれば、1825年に26歳にはならないんですよね。

もし第八章が1825年なのだとしたら、著者プーシキンと同じ年の1799年に生まれていることになります。それはそれで信憑性があるかもしれませんが、そもそも第八章が1825年であるという仮説自体が論拠不足です。これは上記ナボコフ訳注と同様の説です。

わたしが知識不足でなにか重大な点を見逃しているのかもしれませんが(であれば是非ご教授頂きたいです)、何故この説が有名で、あたかも真実であるかのように取り扱われているのか、理解に苦しみます。

 

Arzamas Academyの見解

 ここで、Arzamas Academyに頼ってみましょう。

Arzamasは、めちゃくちゃマニアックなことで有名(?)なロシアの文化に関する教育サイトです。わたしも過去にテスト問題を解いていたりするのでよかったらご覧ください。

sylphes.hatenablog.com

↑手強かった……。

このArzamasの説から、年齢までは特定することは適いませんでしたが、少なくとも年代に関しては有力な情報を得ることができます。

 結論から先に申し上げますと、Arzamasの説がわたしは一番納得できました。曰く、

オネーギン第八章は、数々の研究から1824年秋であるという見解が最も有力になっています

しかし、原作にあるように、1824年秋頃、オネーギンは家に閉じこもり、「ほとんど死んだようで、気が狂わんばかりだった」。

 さて、1824年11月にはペテルブルグでネヴァ川の大氾濫が起きています。ペテルブルグの家に引きこもるオネーギンが、これに気付かずにいられるものでしょうか?

著者であるプーシキンが、舞台となる1824年秋にペテルブルグで大洪水があったことを忘れるものでしょうか?

 そう考えると、このエヴゲーニー・オネーギンという作品は、架空の時間軸の元で書かれた小説なのかもしれません

というのも、プーシキンは「青銅の騎士」という長詩を書いていて、そのお話は1824年11月のネヴァ川大氾濫に関する物語だからです。

この詩の主人公の名前もエヴゲーニーというのですがーーー或いは、運命な出来事として、わざとそのようにしたのかもしれません。

「エヴゲーニー(Евгений)」という名は、「高貴な」という意味なのですが、オネーギンが名の通りなのに対し、青銅の騎士の哀れなエヴゲーニーは貧しく、対照的です。

このように、プーシキンはエヴゲーニー・オネーギンと青銅の騎士のエヴゲーニーを、意識して対角線上に置いた可能性があります。

ということは、もしかしたら、1824年11月7日直前(※訳注:洪水のあった日)にオネーギン第八章の出来事が有り、次いで11月、青銅の騎士に繋がっていくーーーという風に考えることも出来るかも知れません。

            (Arzamas Academy "Russian Classic Alexander Pushkin"から抜粋、一部補足説明折り込み。拙訳)

 大変納得がゆく説ではないでしょうか。

確かに、1824年には史上最大のサンクト・ペテルブルグ大洪水が起きており、水位4.20mに達したという記録があります。

f:id:sylphes:20181025173426j:plain

↑氾濫の被害にあった地域を示す地図

f:id:sylphes:20181025173506j:plain

↑被害の状況を描いた絵画

 

そう考えると、1824年11月7日直前(10月末など)にオネーギン第八章があった、という説はとても自然に見えます。

ちなみに、「青銅の騎士」ではヒロインであるパラーシャは家と共に流され行方知れずとなり(生存している可能性は絶望的といってよいでしょう)、それを見た主人公エヴゲーニーは狂気の人となり死んでしまいます。典型的な「ペテルブルグもの」ですね。

その一方で、我らがオネーギンとタチヤーナがどのようにこの危機を乗り越えたのか、或いは乗り越えられなかったのか?

オネーギンはご存じの通り、幕切れが小説としては美しいのですがストーリーとしては中途半端ですから、続きを考えるのが難しいですが、後日談でネヴァ川氾濫編、なんてあったらちょっと面白いかもしれません。

 

さて本題ですが、上記の説から、1824年秋頃に第八章の出来事があった、という説が有力なようです。詳しいソースは見つけられ次第。

 

オネーギンの旅

 オネーギンの年齢を考える上で重要になってくるのが、オネーギンの旅であることは間違いありません。

タチヤーナは第七章でモスクワに赴きますが、その間にオネーギンは旅に出ていますね。ズバリ、そこが何年間であったかを特定することができれば、芋ずる式にこの謎は解けるという寸法です。

 

 実は、「オネーギンの旅」はプーシキンがオネーギンの構想をした際、第八章として書こうとしていました。が、気が変わり、第八章は現在の形になり、この旅についてはおまけとして扱われることになったというわけです。

ということは原稿が存在していたのか? あります。

邦語や英語訳は入手困難だったので、もう自分で訳しました。これでいつでも読めます、わたしの訳なんかで良ければ!

sylphes.hatenablog.com

↑こちらからどうぞ。

 

して、上記記事を読んで頂ければわかると思うのですが、オネーギンの旅は3年間、或いはそれ以上だと考えられます

少し引用してみましょう。XIXスタンザの拙訳です。

そう昔ではないある雨の日、わたしは牛小屋へ立ち寄った―――

やれやれ!平凡な世間話、フランドル楽派の散漫さよ!

わたしもかつてはこうだったというのか?

教えてくれたまえ、バフチサライの泉よ! 

わたしが沈黙しザレマを心に創造したとき、おまえの絶え間ない水音が響き、そんなことをわたしに考えさせた。……

三年後、わたしの後を追うように同じ地方へ彷徨ったとき、ひとけの無い豪華な邸宅で、オネーギンはわたしを思い出したのだ。

 但し、「どこから3年後なのか」、が不明瞭なので、一概に断定することはできません。普通に読めば「決闘の後から3年後」となりそうですが、「オネーギンの旅」ではプーシキン自身の見聞がベースになっているので、プーシキンオデッサに訪れてから3年後、とするとプーシキンがいつからオデッサにいる設定なのかがわからないと特定が厳しくなります。現実のプーシキンに則して考えると、1820年が起点となりますが、そうなるとオネーギンがオデッサに訪れたのは1823年となるでしょう。翌年ペテルブルグに戻る(3年半~4年)と仮定すると、上記Arzamasの第八章1824年秋説と矛盾がなくなります。というのも、オペラではペテルブルグに戻ってきたオネーギンは即日社交界に顔を出していますが、原作ではそうではりません。よって、ペテルブルグでの生活~タチヤーナとの再会までの期間も曖昧になり、辻褄を合わせられないこともないのです。

 

2年か、4年か、6年か?

 しかし、この「オネーギンの旅」、2年間であった、4年間であった、6年間であった、という3派閥に分けられ、激論が交わされています。

上記で言うと、田辺佐保子氏やWellesley Collegeの見解は2年説を取っており、ロトマンは4年説を取っています。

「オネーギンの旅」を読む限り、多くの場合、2年説というのは否定できそうです

又、映画版である「オネーギンの恋文」では6年説が採用されています。余談ですが、バレエ・クランコ版では10年であったとされており、本国の考察・時代考証班に指摘を受けています。

 それぞれ根拠となるものが非常に不明確です。その一方で、ということは即ち、どれも否定することが難しいです。

どのような根拠からその説を提唱しているのか、それぞれ伺いたいものです。

 

私見

 さて、筆者の見解を述べさせて頂きたいとおもいます。

わたしは4年弱説が一番有力なのではないか、と考えています。

根拠は非常に弱いのですが、この文章から取っています。

うんざりするようなこんな道を、一、二時間通ってから、箱橇はハリトーニエにほど近い横町の、とある屋敷の前に止まった。足かけ四年、肺を病んでいる年取った叔母さんの家へ、ようやく到着したのである。

                   (池田健太郎訳「オネーギン」) 

この文章は第七章「モスクワ」の第40スタンザにあります。

この書き口だと、タチヤーナが4年かけて叔母の家へ行った、という風に読めます。但し、「足かけ」なので、実際は違った年数かもしれません。ただ、第七章に”4年”という数字が出てくるのは非常に興味深く、年齢論争に用いることが出来る可能性を示唆しているのではないか、と感じています。

それから、「オネーギンの旅」を読むに、オネーギン側も3年半~4年という期間が充てられていそうなので、「足かけ四年」という表現に対応すると考えられます。

よって、4年弱が最も相応しいと考える次第なのです。皆様はどうお考えでしょうか?

 

結局オネーギンは何歳なのか

最後に、仮説に基づいてオネーギンの年齢に検討をつけてみましょう。

あくまで検討であり、仮説ですから、これが真実というわけではないということをご留意ください

Arzamasの説や現実のプーシキンと照らし合わせ、第八章1824年秋に26歳ということに致しましょう。

気になるのは誕生日ですが、そもそもが仮定の上に成り立つものですから、もう少し仮定を重ねましょうか。6月22日と仮置きするのは如何でしょう? これは聖エヴゲーニーの日です。

さて、遡ってゆきます。

4年弱とすると、遡って1821年1月末にレンスキーとの決闘があったことになります。レンスキーとの決闘の日は1月27日だからです。

とすると、このときオネーギンが22歳ということに。であれば、レンスキーとは約4歳差になりますね。我らがターニャとは推定5歳差

秋~1月までに誕生日がこないのであれば、第二章から22ということになります。

又、ナボコフが指摘しているように、第4章第9連13行を見ると

こうして彼は八年間を葬ったのである。

                             (同上)

 とありますから、オネーギンが社交界に出たのはここから更に8年前、1813-14年、16歳の頃。これは上記相田重夫先生の説と合致します。

生まれは1798年プーシキンより一つ上ということに。

 

オネーギン年齢論争は野暮なのか?

 さて、根本に立ち戻りますが、この議題は意味が無い、と考える人がいらっしゃるのも事実です。

というのも、プーシキンは明らかにオネーギンのモデルに自身を置いており、ふたりの境界線は実に曖昧なものだからです。

しかし、だからなんだというのでしょう? エフゲニー・オネーギンが、物語として存在している以上、この問題に取り組むのは悪いことではないとおもいませんか。何故なら、ふたりは別の存在なのですから。

 

終わりに

結論ですが、判然としません。しかし、目星を付けることは叶いました。喜ばしいかぎり!

が、色々な角度からこの問題を検討する中で、改めてプーシキンの情報のちりばめ方の巧妙さや、「エンサイクロペディア」と呼ばれる所以などを再確認させられました。

 

 通読お疲れ様でございました。

何か情報をお持ちだったり、「閃いた!」という方は、是非コメントなどで教えて下さい。

マニアックな記事にお付き合い頂きありがとうございました。

それでは、オネーギン年齢論争に決着がつくことを願って。

 

参考文献 

 参考文献を紹介します。是非手にとってみてください。

bookmeter.com

bookmeter.com

bookmeter.com

bookmeter.com

bookmeter.com

Russian 251: Eugene Onegin Handout

The St. Petersburg Flood of 1824 | Environment & Society Portal