世界観警察

架空の世界を護るために

翻訳

Axël 第四幕 五場 - 戯曲翻訳

こんばんは、茅野です。 布教とフランス語の勉強を兼ねてAxëlの現代語訳を書いたので載っけておきます。只でさえ長いので、細かいことは別記事で。 sylphes.hatenablog.com ↑翻訳の方向性やこだわりについてはこちらに書いています。 それでは、早速ですが、…

Theatre in my Blood 翻訳 1 - Ballet "Onegin"資料

おはようございます、茅野です。 夏休みに入りました! が、色々やってます。ただ、学校行っている時よりは流石に時間に余裕があるので、趣味のほうも頑張っていこう! ということで、資料翻訳記事を書いてみようとおもいます。今回はクランコ版「オネーギン…

「オネーギンの旅」翻訳

こんばんは、茅野です。 早速ですが、今回の記事では「オネーギンの旅」を訳してきます。 皆様は「オネーギンの旅(Путешествие Онегина)」をご存じですか。エヴゲーニー・オネーギンの作者である詩聖アレクサンドル・プーシキンが没にした、オネーギン第7…

歌詞翻訳 - Everybody's Gone to the Rapture考察2

こんばんは、茅野です。 ダイアログを打ち出したところで、Everybody's Gone to the Rapture -幸福な消失- には、参考になりそうなデータがまだまだ沢山あります。観測所に閉じこもるケイトさながら、我々はデータの山に埋もれる必要があるのです。 ではまず…