読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界観警察

架空の世界を護るために

実用

"世界観警察"とはなにか

近頃、稀に世界観警察という言葉を耳にします。 基本的に、時代考証などに厳しすぎるファンを揶揄していうようです。 そこで、ブログを立ち上げるにあたり、敢えてこの名前をチョイス致しました。 悪いイメージを払拭するというのは簡単なことではありません…

"考察"と"研究"の境界線とはなにか

おはようございます。相も変わらず生活リズムが乱れまくりな茅野です。 夜の方が読書やオペラ鑑賞には適すのでしょうがないね。(正当化) さて、最近はレールモントフ著「現代の英雄」を読んで色々思うことがあって、調べたり頭捻ったり色々しておりました。 …

原語主義とはなにか

おはようございます、茅野です。 最近何をしていたかって、あれですよ。翻訳作業。 Childe Harold's Pilgrimage(チャイルド・ハロルドの巡礼)を読みたいと思ったんですけれど、どうやら日本語完訳が存在しないらしいということで。 チャイルド・ハロルドの巡礼…