世界観警察

架空の世界を護るために

ABZUとはなにか - ABZÛ考察1

 こんばんは、茅野です!夏ですね!

夏と言えばなんですか? ですね!私は先日サークルの仲間と一泊二日で海行きました!(ブログらしい報告)

私の日常はどうでもよくてですね!海と言えばなんですか!?

ABZUですよね~!!

f:id:sylphes:20170317164135j:plain

と、いうわけで!

待たせたな!!!!!ABZU考察のお時間ですよ!!!!!

 

と、言いますのも、ABZUを始めてプレイしたのは丁度1年前くらい。実に1年間も考察をサボっていたんですね。(※ABZU発売日は2016/8/2。1周年おめでとうございます!発売直後に買った古参です)

いや、資料集めや検証はちゃんとやっていたんですが、こうやって文章化するのを完全に怠っておりました。

ブログを開設したのが12月だったからね…ABZUやる気分じゃないよね…(言い訳)

夏、最もリプレイ性の高いゲーム。それは一体?

ABZUです。(断言) 今夏は皆さんABZUで涼みましょう。

しかしこのABZU、考察界を揺るがす超!高難易度の考察ゲーなのをご存じでしょうか。プレイされた皆様も、正直意味不明だったと思います。斯く言う当方も、初見プレイの時は何一つ分からず、Great White Sharkたそ~が※※自己規制※※~な辺りでただただボロ泣きして終了しました。

 

しかし!私はもう画面の前で泣き崩れるだけのゲーマーではありません!"世界観警察"筆者、もとい署長として!高難易度と、(日本での)低知名度故に混迷するABZU考察界を牽引していきたいと熱望しております。

というわけで、考察に熱を入れていきますのでお付き合い宜しくお願い致します。

当然ですが、ネタバレの山です。新規プレイヤー獲得の為、非ネタバレで愛するABZUへの愛を叫びたい気持ちは山々ですが、今回はそのような記事では御座いませんのでご承知下さいませ。

 

 ABZUは先ほどの通り非常に難解な考察要素を含むゲームですので、複数回に分けて考察を行おうと考えています。

第一回目は、「ABZUとはなにか」という、シンプル且つ早急に解き明かすべき議題を、元ネタと考えられるアッカド神話を用いて解説していきます。

 

ABZUとはなにか

 タイトルからして謎に満ちあふれているこのゲーム。読み方すら不明という不親切さ。「ABZU」とは、なんでしょうか?

ABZUは、シュメール神話、及びアッカド神話に伝わる「生命を維持する原初の深淵の淡水」のことです。

これだけだと意味不明ですが、ABZUをプレイした皆様ならピン!ときているはず……!

f:id:sylphes:20170808035515j:plain

↑パッケージ版の表紙にもなっている一枚。主人公が触れているのは……。

 

ではこのABZU、なんて発音するんでしょうか?

ABZUはthatgamecompanyから独立したGiant Squidというアメリカのゲーム会社の作品ですが、アメリカ人にも発音はわからないようです。(まあ英語ではないですしね…。)

ABZUには、2通りの読み方があります。

まず、アッカド風に読む読み方。アッカドでは、APSUと書き、アプスーと発音しました。

一方、シュメールでは、ABZUと書き、アブズと発音したのです。

方言的な差なので、APSU?はて?と思う必要はありません。同じものを指しています。

お好きな方で呼べば宜しいかと思いますが、ABZUと表記した際にはアブズと呼ぶのがよいのではないか、と思います。

本当にややこしいので、当ブログでは今後、タイトルに合わせ、ABZU/アブズの読み方を採用しようと思います。

f:id:sylphes:20170808040328g:plain

↑古代メソポタミアの地図。青い部分がアッカド、緑の部分がシュメールです。現在の位置にして、イラク東南部とされます。

 

読み方からして2通りあって面倒くさいABZU。そして、「ABZU」と言った際、指すものも2つあるのです。この段階でややこしい!

ABZUは「生命を維持する原初の深淵の淡水」である、と先ほどお伝えしましたね。

シュメールではそうなんですが、アッカドでは少々意味合いが変わってきます。

なんと、ABZUという名前の神様がおわすんです!

 

神としてのABZU

 神話はその多くがそうですが、アッカド神話でもその例に漏れず多神教であります。

そして、「○○を司る」のように、その○○の擬人化みたいなところがあります。日本オタク文化だけじゃなかった擬人化文化。

アプスー神もそうです。アプスー神は、この「生命を維持する原初の深淵の淡水、及び"淡水"を司る男神」であらせられます。

 

 アプスー神が登場するのは、アッカド神話の天地創造物語「E-nu-ma E-liš (エヌマ・エリシュ)」です。

今回、エヌマ・エリシュについて解説するにあたり、翻訳したり、色々調べたりしましたよ。いや~楽しかった~。これが考察の醍醐味ですよね。

f:id:sylphes:20170808043322p:plain

Excelを用いて翻訳にチャレンジ。第一粘土版は全て訳すことが出来ました。出版社さん私を拾って~~(無茶振り)

f:id:sylphes:20170808043616j:plain

↑筑摩世界文學大系シリーズの「古代オリエント集」。とても参考になりました。ABZU考察では、主に当書籍をリサーチソースにしています。購入したいのですが、一冊7000円はしんどい…。5000兆円欲しい!

 

では、そのエヌマ・エリシュについて解説していこうと思います。お前の解説じゃ足りねーよ!という方は上記の古代オリエント集を熟読してください。

 エヌマ・エリシュは、7つの粘土版からなるアッカドに於ける天地創造物語です。キリスト教でいうところの「創世記」ですね。

アプスーが登場するのは第1粘土版のみなので、第1粘土版について、詳しく解説したいと思います。

冒頭部を拙訳にてそのまま掲載しますので、お楽しみ下さい。

天国に名が無かった頃

地界にもまだ名の無かった頃

原初の神アプスーが全てを生じさせ

また混沌の神ティアマトもまた、それら全ての母であった

淡水(アプスー)と海水(ティアマト)は混ざり合い

地に形はなく、泥濘も見られなかった

神々は未だ生まれ出ておらず

故に名前を持つ者もなく、運命も定められていなかった

後に神々は天国の中心で創造された

                      (エヌマ・エリシュ 拙訳)

 

 この後は神話あるある、神々の名前がズラーーっと並んでとてもややこしくなっていきます。

シュメール神話では、アブズが「神秘的な原初の淡水」だったのに対し、アッカド神話での神アプスーは、唯の「淡水」も司ることが読み取れます。

原初の神、淡水、神々の父であるアプスー。同じく原初の神であり、海水を司り、神々の母であるティアマト。

そして……。

生み出された神々は、神の住まいで馬鹿騒ぎをし、アプスーを怒らせ、ティアマトを滅入らせた

アプスーは、彼らを鎮めることが出来なかった

(中略)

アプスーは声高にこう言った

「彼らは不愉快だ。昼も落ち着けず、夜も眠れない

彼らのやること妨害したい

この地に静寂が訪れるといい」

ティアマトは腹を立て、夫(アプスー)に向かって反論した

「自らが名付けた者を滅ぼすなんて

もう少し寛大になるべきです」

霧の神ムンムはこれに反対し、アプスーにこう持ちかけた

 「父よ、彼らの蛮行を直ちにやめさせるべきです

母だってああ言ってはいるが、本当は困っています」

(中略)

優れた知識の神エアは、彼らの謀りに気が付いた

彼は神々を守る強固な結界を張り、強力な呪文で淡水(アプスー)を鎮めた

エアの呪文により、アプスーは眠ってしまった

その間にエアは、彼の冠を外し、自ら纏った

エアはアプスーを縛り、そして殺した

(中略)

彼は『原初の淡水(アプスー)』の上に自らの住まいを建てた

その神殿こそを『é-abzu (エアブズ)』と名付け、聖所と定めたのだ

                      (エヌマ・エリシュ 拙訳)

 そうです。アプスーは彼の子孫たるエア神に殺害されてしまうのです。

エア神とは何者か、というと、アッカド神話に於いては「水の神」とされています。理由としては明確で、上記エヌマ・エリシュで淡水を司る神:アプスーを征服した為です。

一方シュメール神話に於いては知識、繁殖などを司っています。又、シュメールでは「エア」ではなく、「エンキ」と呼ばれます。エンキ神(=エア神)は、かの「ギルガメシュ叙事詩」に登場する、エンキドゥの名の由来と言われています

 ABZU考察の際、エヌマ・エリシュで押さえておくべき神はこの三神であると言えるでしょう。

 

原初の淡水アブズと神殿エアブズ

 アッカド神話:エヌマ・エリシュに於けるアプスー神についてご理解頂いたところで、ゲーム本編と絡めて考えていきましょう。

 

 ABZUでは、「水の中にいるはずなのに、別の水がある」という不可思議な状態がおきています。

ここがABZUプレイヤーを大いに悩ませるポイントだと思うのですが、ここまで読んできた皆さんはもう大丈夫でしょう。

主人公が泳いでいる場所が海。そして、彼が触れ、操り、泳ぐ「水」―――これが、「原初の深淵の淡水 ABZU」なのです。

 

 神話研究において、「神の殺害」は特に大きな意味を持ちます。

エヌマ・エリシュ終盤では、神々の母ティアマトも殺害されてしまうのですが、遺体を散らすなど特徴的な説明が入ります。(7つの海の示唆?)

よって、「人の手によって海をある程度制御することが出来るようになった」と読むことができるでしょう。

 では、我らがアプスー神はどうでしょう。

殺害され、その後一切触れられることのなかった原初の神。

「淡水を司る」という属性は、エア神に引き継がれています。しかし、「生命を維持する神秘の淡水」の扱いはどうなってしまったのでしょう。

 現代を生きる我々は、そんなもの見たことも聞いたこともありませんよね。

これが答えだ、と言うことが出来るでしょう

 「失われてしまった」。=殺された。

我々は、ABZUというゲームで、失われたシュメール、アッカドの神話世界を旅することが出来るのです。

 エア神がアプスーの上に建てたという、神殿エアブズ。

その姿が、これなのでしょう。 美しいですね……。

f:id:sylphes:20170808055702j:plain

 

「深淵」

 先ほどから「ABZU」を形容する時に出てくる、「深淵」のことば。

これはどういうことなのでしょう。

アブズ、アプスーという語感から、何か連想出来る英単語はありませんか?

そうです。 「ABYSS 深淵」は、このABZUが語源だ、とされているのです。

f:id:sylphes:20170808060017j:plain↑「深淵」と言われれば確かにその通り。

 今でも海の奥底には聖なる水が眠っているのかもしれません。なんと胸熱な。

 

最後に

 シュメールに於けるアブズ、そしてアッカドに於けるアプスー神について解説致しましたが、如何でしたでしょうか。

「水の中にいるはずなのになんで他に水があるの?」という、ABZUの大きな謎が解消されたとしたら幸いです。

これ以外にも謎が謎を呼び謎すぎて訳の分からんABZU。次回となる第2回目は、「僚機、三角体、そして主人公は何者なのか…?」という、大きな謎に立ち向かってゆく予定です。お楽しみに。

それでは、あなたに聖なる水の加護のあらんことを。